« 仙石君の完全移籍とパクさんの大連入り | トップページ | 天皇杯vs名古屋 死闘の果て »

2011/12/21

偵察天皇杯 vs名古屋展望

ちょっと昔の試合になっちゃうからどうしようかなと思いつつ、録っておいた名古屋の試合を見ました。

僕の頭を天皇杯モードに切り替えるのに効果大でした。さあ、天皇杯も勝つよー!

2011J1第33節、名古屋vs山形、3-0。

名古屋は前半、セットプレーで三得点。ケネディ1点、闘莉王が2点。高さ武器だよなあ。

山形は結局最後まで持ち直すことなく降格してしまったわけですが。

つなぎには進歩の跡が見られる気がします。何度かいい崩しがありました。でもそれが結果につながるところまで行ってない。

カウンターのチームにポゼッションを付け加えるのは大変だよなあと、つくづく思います。

モード切り替えに役立ったのは、この中継の途中で、何度も同時に行われている柏vsC大阪に触れていたからです。最終盤の記憶がよみがえりましたよ。だいじょぶ! 引き分けだから! まだトップだから!(←あの時の気持ち)

第34節、新潟vs名古屋は、0-1。

当然負けられない名古屋に、新潟も最終戦がホームで気合が入っていて、激しい試合。

試合途中「新潟は毎年主力選手が移籍して大変だけどがんばっている」という話題が出ましたが、すでに今年も抜かれています。千葉選手が広島に、チョ・ヨンチョル選手も大宮に移籍する模様。新潟はけっこう好感度高いのでかわいそうだなあと。

やはり試合途中に柏vs浦和の得点経過が流れます。よみがえってきますよ、ワグネルさんのシュートとか、橋本君の初得点とか、茨田君のミドル弾とか。

試合後勝ったけれど優勝に届かなかった名古屋の選手は悔しそう。これで天皇杯がウチと対戦なんて、かなり気合が入っていると思われます!

ということで天皇杯の展望です。

とにかく中二日が続く六連戦目なので、体力的な部分が一番心配。走り切れるだろうか。がんばってー!

守備では。

闘莉王選手とケネディ選手は負傷ですでに帰国しているそうで、高さという武器は弱まっています。

ということで、流れの中で警戒するのは速さ。切り替え速く、スペースを消したい。世界で体験した寄せの厳しさを発揮して、連携も潰したい。

高さが減ったとはいえ、まだまだ背の高いターゲットはいるし、左右のキッカーはそろっています。セットプレーには依然要注意。

攻撃では。

レアンドロさんは休んでる! きっとやってくれるはず!

比較的コンディションはいいはずだという点で言うと、キタジにも期待。三位決定戦で、動きはよかった。ズバッと一発お願いします!

選手層が問われる展開になっているわけで、ここでどーんと目立つ選手が来てもいいです。林君が大活躍したりするとドラマチックです!

まだまだ今シーズンを終わらせない!!

目指せ元日国立決勝!!

|

« 仙石君の完全移籍とパクさんの大連入り | トップページ | 天皇杯vs名古屋 死闘の果て »

レイソル2011 昇格即優勝!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/53525275

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察天皇杯 vs名古屋展望:

« 仙石君の完全移籍とパクさんの大連入り | トップページ | 天皇杯vs名古屋 死闘の果て »