« 消えたファイル | トップページ | 代表あれこれ »

2011/06/09

シェルクンチク 第61楽章 運命への行進曲Ⅱ

仕事から帰宅ー。

こちらは前回。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 第61楽章 運命への行進曲Ⅱ (渡辺道明 ヤングガンガン)

61

ナベ先生からこのページ中央のお城のカットの指示が来た時。

上のコマを見ると、号泣するティナー。

来たな、と思いました(笑)。

前作から見ている人には、何が起きているのか分かりやすく伏線(?)が張られていたわけですが。

ティナー本人には大問題なんだけど、彼の言う魔族の血は、お母さんのアレだったという……。

これはティナーの設定が出てきた時に、仕事場で冗談めかしてしゃべってた話題でした。

最初しゃべってた時はもっと軽い感じだったんですけど、ティナーが出てきたらすごいシリアスだったり、あんなだったりこんなだったりして、巡り巡ってようやくここで。

|

« 消えたファイル | トップページ | 代表あれこれ »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/51852509

この記事へのトラックバック一覧です: シェルクンチク 第61楽章 運命への行進曲Ⅱ:

« 消えたファイル | トップページ | 代表あれこれ »