« COMITIA96 | トップページ | vs浦和 ね? »

2011/05/07

偵察Jリーグ 浦和vs横浜FMと新潟vs神戸

まずは国立で対決する浦和の偵察。

2011J1第9節、浦和vs横浜FM、0-2。

攻める浦和、守るマリノスの構図でした。前半は特に。

でも、マリノスは意識的にブロックを作っているので、攻めさせている状態。作戦通り、セットプレーとカウンターから2得点。

マリノスには守る人材もDNAもあるので、まず守りから入ってというのを徹底してきたら強いなあと思います。

浦和は今季からサイドアタックを強調するサッカーをしていますが、メンバー的には向いていると思います。原口選手が特に印象に残りました。

さて、その浦和と対戦するわけですが。

守備では。

サイド攻撃を仕掛けて来る浦和。原口、田中、さらには交代で出てくるマゾーラと、突破力のある選手がいるので、まず一対一で負けないことが肝心。

そこに絡んでくるサイドバックも突破力がある。フォローを早く。

攻撃では。

4-2-2-2で行く場合、サイドを突かれやすくなるのが弱点な代わりに、4-3-3の浦和の弱点、アンカーの両脇をウチが使える。この試合、どっちの武器が上回るかという試合なのではないだろうか。

ということで、その部分を使うレアンドロさんの活躍にまず期待して。

その相棒は誰かな。茨田君、水野君、兵働さんが、直近のそのポジションの人。レベル高い争い、大歓迎。

攻撃的MFがバイタルでボール受けて、FWがぱっと裏取って、そこにスルーパスが、という展開になったら最高。

負けた次の試合が大事!!

勝ちましょう!!

 

さてその次の対戦相手は新潟。ということで新潟vs神戸も見ました。1-0。

お互いに自分達のサッカーを展開、かみ合った好勝負。

新潟は昨年のレギュラー三人を引っこ抜かれたのですが、うまく補強し、そこを埋めてます。

新加入ブルーノ・ロペス選手を含めた前線はうまくコンビネーションが取れていて、決勝点もチョ・ヨンチョル選手の落としをブルーノ・ロペス選手がダイレクトで。サイドアタックも機能していて、手強そう。

|

« COMITIA96 | トップページ | vs浦和 ね? »

レイソル2011 昇格即優勝!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/51590714

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察Jリーグ 浦和vs横浜FMと新潟vs神戸:

« COMITIA96 | トップページ | vs浦和 ね? »