« 電子化への道 その3 | トップページ | 今週一週間 コミスタ »

2011/05/13

浦和戦回顧と偵察Jリーグ大宮vs新潟

ナベ先生の仕事場で浦和戦の録画を見ましたよー。

ホント、完勝って感じですね。ウチがカウンターを狙う展開なんだけど、相手の攻め所を完全に抑え込んでいて、先制点も取ってるから、見ててすごい余裕。

ポゼッションサッカーというけれど、今のウチの良いところは、「まずはカウンター」という選択肢を捨ててないところ。監督もFWに背後を取る動きを要求していて、相手が出てくるならカウンター。でも、それに固執することもなく、スペースが無いならむやみに蹴らず、落ち着いて回して動き直す。

どういう相手にも主導権を狙える。これを極めていったら、すごい強いチームですよ。楽しみだなー。

と、うきうきしながら今節の偵察。

2011J1第10節、大宮vs新潟は0-0。

前半早々チョ・ヨンチョル選手が負傷交代。新潟は片翼もがれた状態に。そのため前半は大宮ペースで進みました。

しかしここで点を取れなかった大宮は、後半ペースを乱し、主導権を失います。ボールの回り方が悪くなり、再三カウンターを食います。

むしろ不利になったと思われた新潟の方が得点直前に持っていってました。ブルーノ・ロペス選手がフリーのヘディングを叩き付けすぎちゃって外したり、惜しい試合。

新潟は監督や選手は代わっていってるんだけど、コンセプトにぶれがなく、成熟している感じ。辛抱強く戦えますね。いいチームです。

そんな新潟との対戦。守備では。

まず新潟の攻撃の要となるのがミシェウ選手。メンバー表ではFW表記だけど、前線に張らずふわふわとポジションを取り、ボールを引き出しています。マークの受け渡しをしっかり。

右SBの藤田選手は突破力がありクロスの精度も高いので要注意です。

攻撃では。

何と言っても期待はキタジ!! 

キタジの四試合連続弾!! 現在三得点のライバル、ブルーノ・ロペス選手が休みみたいだから差をつけちゃおうぜ!!

アシストは誰がいいかな! エルゴラでピックアップされたみたいだから、また酒井君のクロスからがいいかな!

新潟はまずしっかり守ってくるチームなので、この試合はポゼッションの出番です。酒井君とか大津君とか、思い切った突破も欲しいですね!

主導権握って、攻め切って!!

目指せ首位爆走!!

|

« 電子化への道 その3 | トップページ | 今週一週間 コミスタ »

レイソル2011 昇格即優勝!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/51605003

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和戦回顧と偵察Jリーグ大宮vs新潟:

« 電子化への道 その3 | トップページ | 今週一週間 コミスタ »