« 激辛世界一 | トップページ | 放射線リスクと僕のメタボ »

2011/04/28

偵察Jリーグ 甲府vs神戸 山形vsC大阪

Jリーグ再開ということで、偵察行も再開ですよ。

まずは次に当たる甲府から。

2011J1第7節、甲府vs神戸、1-1。

コンセプトは少し違いますが、基本的には守備からカウンターのチーム同士。忙しいテンポの試合でした。

神戸は去年から続く激しいプレス。攻撃は、縦に出た時に連動性がある速い攻撃が目立ちました。前線がちゅうちょせず走り切ってるので、繋がった時はビッグチャンス。

かたや甲府は、監督が変わって今年から取った戦術なので、攻撃の連動性はまだちょっと感じない。守備はダニエル選手を中心に堅いです。

さて、対戦に向けて。

守備では。

とにかく去年も当たっての通り、ハーフナー選手を何とかしないといけません。でかい。強い。

むしろロングボールが増えたので、ここを潰すことが最重要。競った後のセカンドボールも拾いたい。

いつもの4-2-2-2だと、向こうはワイドな4-4-2で相手がサイドを使いやすい並びなので、ここの対応も鍵でしょう。

攻撃では。

三浦監督おなじみのゾーンディフェンス。昨年磨いたポゼッションが働く時ですよ。間、間に顔を出して、どんどんかき回していきたい。

組織的に守る相手には、飛び道具も重要。また見たいですね、ワグネルさんのFK炸裂!!

いい流れで来てるので思い切って勝負!!

目指せ三連勝!!

 

さてその次、第九節の相手は山形。

山形vsC大阪は、0-0でドロー。

C大阪が攻め込んでいるように見えながら、山形はその辺計算づくで、両者の特徴がよく出た試合でした。

C大阪の1トップ3シャドーはだんだん連動性が増しています。特に後半に入りワンタッチプレーが増え、決定的なチャンスも作りました。

山形は中盤3枚を3ボランチにしてしまい、割り切った守備。粘り強く守れるのが強み。選手を変えてもチームの形が変わっていないので、シンプルな攻撃も意識が共有できてます。

この日体調不良だったらしい長谷川君に代わり大久保さんが先発。大久保さんのJ1出場はウチにいた時、後半途中からの二試合計30分だけ。

J2横浜FCからJFL佐川急便東京、ウチに来て、J2福岡。そして山形でJ1初先発。今年31歳。人生のドラマを感じます。

がんばってました。ヘディングはさすがの強さです。

|

« 激辛世界一 | トップページ | 放射線リスクと僕のメタボ »

レイソル2011 昇格即優勝!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/51499292

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察Jリーグ 甲府vs神戸 山形vsC大阪:

« 激辛世界一 | トップページ | 放射線リスクと僕のメタボ »