« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/30

vs甲府 華麗に逆転!!

2011J1第8節、vs甲府は、2-1!!

大逆転!!

快勝、先制逃げ切り、逆転勝ち。いろんなパターンで三連勝です!

試合開始からウチのペース。セカンドボールをどんどん拾って押し込んでいきます。こりゃいける、とほくほくしていたら。

攻め込んでいるわりにシュートが増えません。そしてすごいビッグチャンスで、ヘディングせずにコントロールした田中君シュート打てず。

なんかいやな感じだな、こういうとこから流れ変わったりするよな、と思ってたら。

PK……。

先制されました……。

何これ、先制されたら向こうのカウンター作戦の思うつぼじゃないか、と冷や汗たらしているうちに前半終了。いやな感じです。

しかしここで、智将ネルシーニョ監督が動きます。

後半頭からいきなりの二枚替え、そしてシステム変更。

これが当たるから、ホントすごい。

酒井君のクロスを、田中君が今度はヘディングで見事な同点ゴール!

そして相手のパスミスを拾ったレアンドロさんのパスを、交代出場のキタジが大逆転ゴール!

あれ難しいですよね。ニアに入ってて角度的には厳しい所から反転シュートを逆のサイドネットに。お見事!

FW二人のゴールだったのも嬉しかったです。

現在のウチのFWは激しいポジション争いをしていますが、どんぐりの背比べになったら意味ない。FWがどんどん点取ってくれないと、なかなか得点力は上がらず勝ち切れない。誰が出ても点取るよ! という状態を希望なのです。

そう思ってた所での揃い踏み! いいですねー(^^)/ このままどんどん点取って欲しいですね!

次は火曜日、山形か。楽しみだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/04/29

放射線リスクと僕のメタボ

福島第一原発の事故が起きて、大騒ぎになってたころ。

僕は普段から科学の話題を追っかけてるので、わりと早い段階で詳しい話を知ることができてました。

そういう情報を得る中で、僕自身が落ち着くのに一番効果があった情報は、放射線のリスクと喫煙のリスクを比べたデータ。

放射線が自然の何倍、というふうに言われると、うわ増えたどうしよう、という気分になるのですが。

身近な煙草と比べると、冷静に聞ける。

そのデータから、毎日煙草一箱吸うのがどれぐらいの放射線量に相当という数字をとりあえず概算して。

なんだ、土俵際かと思ったら、三桁以上余裕ある。まだ全然土俵中央じゃん、という気分になったのです。

僕自身は煙草を吸わないので、煙草一箱のリスクも無い方がいいんですが、まあそういう人はざらだし、ということは、この程度で騒ぐ前に、他にこれ以上のリスクがたくさんあるはず。それを騒いでないんだから、まあ落ち着くかと。

ところがそういう話を調べていたら。これが今日の本題。

こんな表現に出会ったのです。

「喫煙者の半分は、煙草で死ぬ」

え?

そんなに?

これは同じデータの言い換えですが、初めて聞く言い回しでした。普段、健康番組を見てたりしても、「煙草を吸うとリスクが何倍」という言い方です。

これが実はピンと来てなかった。「そっかー、やっぱり身体に悪いんだなー」ぐらい。

半分死ぬって言われると、すごい危機感ですよ。

で、僕はさっきも書いたとおり煙草は吸わないわけですが、「リスク何倍」が「半分死ぬ」に言い換えられるなら、他のもそうだと思ったのです。

煙草は吸わない、飲酒も普段家では飲んでない。でもメタボがあるよ!

甘い物が好きでご飯とか麺類とか炭水化物が大好物な僕は、「座ってる後姿が熊に似ている」と仕事場で言われるぽっちゃり体型です。そして血圧が少し高めです。

この「リスク何倍」も「何割は死ぬ」になるはずだ!

やせなきゃねーとは思っていたけど、すごい危機感増しましたよ!

ということで、「オレを殺すのは放射線ではなくメタボだ!」と焦った僕は、今月ナベ先生の仕事が一回休みで時間を作りやすいというのもあって、いつもより多めに走り込みました。

結果3kgほど落ちました。

放射線の事を調べていたのに意外な展開。

あとはねー、リバウンドなんですよねー。仕事が詰まるとストレス食いで元に戻して一進一退というのを続けてるんですよねー。

来月は仕事詰まるの確定なので、ここで我慢できるかが鍵なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/28

偵察Jリーグ 甲府vs神戸 山形vsC大阪

Jリーグ再開ということで、偵察行も再開ですよ。

まずは次に当たる甲府から。

2011J1第7節、甲府vs神戸、1-1。

コンセプトは少し違いますが、基本的には守備からカウンターのチーム同士。忙しいテンポの試合でした。

神戸は去年から続く激しいプレス。攻撃は、縦に出た時に連動性がある速い攻撃が目立ちました。前線がちゅうちょせず走り切ってるので、繋がった時はビッグチャンス。

かたや甲府は、監督が変わって今年から取った戦術なので、攻撃の連動性はまだちょっと感じない。守備はダニエル選手を中心に堅いです。

さて、対戦に向けて。

守備では。

とにかく去年も当たっての通り、ハーフナー選手を何とかしないといけません。でかい。強い。

むしろロングボールが増えたので、ここを潰すことが最重要。競った後のセカンドボールも拾いたい。

いつもの4-2-2-2だと、向こうはワイドな4-4-2で相手がサイドを使いやすい並びなので、ここの対応も鍵でしょう。

攻撃では。

三浦監督おなじみのゾーンディフェンス。昨年磨いたポゼッションが働く時ですよ。間、間に顔を出して、どんどんかき回していきたい。

組織的に守る相手には、飛び道具も重要。また見たいですね、ワグネルさんのFK炸裂!!

いい流れで来てるので思い切って勝負!!

目指せ三連勝!!

 

さてその次、第九節の相手は山形。

山形vsC大阪は、0-0でドロー。

C大阪が攻め込んでいるように見えながら、山形はその辺計算づくで、両者の特徴がよく出た試合でした。

C大阪の1トップ3シャドーはだんだん連動性が増しています。特に後半に入りワンタッチプレーが増え、決定的なチャンスも作りました。

山形は中盤3枚を3ボランチにしてしまい、割り切った守備。粘り強く守れるのが強み。選手を変えてもチームの形が変わっていないので、シンプルな攻撃も意識が共有できてます。

この日体調不良だったらしい長谷川君に代わり大久保さんが先発。大久保さんのJ1出場はウチにいた時、後半途中からの二試合計30分だけ。

J2横浜FCからJFL佐川急便東京、ウチに来て、J2福岡。そして山形でJ1初先発。今年31歳。人生のドラマを感じます。

がんばってました。ヘディングはさすがの強さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/27

激辛世界一

オーストラリアで「世界一辛い」唐辛子、ギネス記録目指す

オーストラリア人のグループが世界一辛い唐辛子を開発し、ギネス世界記録の認定を目指している。唐辛子の名前は「トリニダード・スコーピオン・ブッチT」で、そのあまりの辛さに加工する際にはガスマスクや防護服などを着用する必要があるという。

現在の世界一辛い唐辛子は、辛さを表す「スコビル値」が138万の英国産の「ナガ・バイパー」。これに対し、メルボルンで化学分析などを行うEMLケミカルの測定によると、トリニダードのスコビル値は146万に達する。ハラペーニョのスコビル値2500─8000と比べるとその辛さの程度がうかがえる。

開発グループの1人、マルセル・デウィット氏は、生のトリニダードを食べた時の状況について「幻覚に襲われ、横にならなければならなかった。20分も歩けなかった」と振り返った。

トリニダードは今年始め、シドニーの北約89キロにあるモリセットで収穫された。その辛さのため一連の処理工程では最大限の注意が払われている。

皮膚に接触すると焼けるような感覚があることから、収穫時には手袋を着用。切り刻んだトリニダードをゆでてピューレにする工程では、作業員は蒸気から身を守るため化学防護マスクや防護服を身につける。

デウィット氏はスパイスに対する自身の強い関心を認めつつも、辛さがすべてではないと言い切る。トリニダードは非常に美味でその良さは「第一に味、第二に辛さ」にあるとし、「燃えているフルーツサラダを食べるようなもの」と評した。

ロイター11/4/25

幻覚見えるほどって……(^^;;)

製造時の注意事項といい、もう毒物のよう。ホントに美味しいのかな。

Hot

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/26

窃盗犯救助

中国の窃盗未遂犯、ビル外壁で動けなくなり消防隊が救助

中国の遼寧省で、住居用の建物への侵入を試みた男が建物の外壁をよじ登っている途中で動けなくなり、消防士に救助されるという出来事があった。窃盗が目的だったとみられている。

男の救助には消防士チームが出動。消防士の一人は自らの体にロープを巻きつけ、建物の外から注意深くバランスを取りながら男の安全を確保。ほかの消防士が建物の内部から男を引き上げた。

救出作業はおよそ30分で終了。男はその後、待ち受けていた警察官に身柄を拘束された。

ロイター11/4/22

中国は窃盗多くて、窓に鉄格子はまってるっていう話だけど、高い階にはしてなかったのかな?

何階ぐらいで足がすくんだんでしょうか。

Rescue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/25

先週一週間 作法としては邪道

選挙です。

判断基準は、選挙カーで名前連呼お願いします連呼してた人じゃなくて政策を訴えていた人、です。

当たり前のはずのことが、なかなか当たり前にならないなー、と思いながら投票。

まずはお知らせからー。

COMITIA96に出ます。

5/5 11:00~16:00 東京ビッグサイト東1・2ホール「な18a かってに応援団」です。おとなり「な18b」は梅木君の雲形発着場。やんむらさんのすいか工務店は「な28b」です。

「Spring8」のセリフの活字が小さくなってしまっているという誤植があるので、修正しようと思います。写植を上から貼る予定。前回ご購入いただいた方は、お持ちいただければ修正済みの本と交換いたします。

準備はしてるけどまだ貼ってない写植。今の作業が一段落したらやろう。

コミティアのカタログ、ティアズマガジンで紹介されましたー。素敵なレビューをいただきました。

読んでくれてる人がいるんだなあ。ありがたや。

Comitia96cut

お知らせその2。

梅木君の漫画「ヨミとミサキと超文明」の載った小冊子のついている、電撃大王ジェネシスが発売中です。

ちょこっとお手伝いしたのです。集中線をせっせと引いた。

「あかとき星レジデンス」最終回だ。単行本買おうかな。

今週のお仕事。

ずっと小説描きですよ。「書く」が「描く」になってるのは、前回書いたような理由ですよ。気に入っちゃった。

とにかく絵を描写するのです。

小説を読んでると、小説家の人は多分、文章がそのまま湧いてくるんだろうなあと思うのですが。

僕は頭の中でずっとシーンが動いているので、すらすらと文章は出てきません。

そこで、もう漫画のままでいいやと、作業を途中まで一緒にしたのです。

話の構成考えて、エピソードを揃えて、脚本メモを作る。メモはセリフと、バーンとかドーンとか擬音擬態語ばっかりの本人にしか分からないト書きでできていて。ここまで一緒。

そこから先、ネームや原稿に絵を描く代わりに、それを文章で描いちゃうのです。

PCで原稿書く世の中じゃなければ多分不可能です。何せト書きそのまま一回打ち込んでるから。バーン、の所を、何がどうなって吹っ飛んだかと、ちゃんとした文に書き直す作業なのです。

さらに、例えば絵で表情描いたら、眉毛の角度一発でニュアンス出るような所をどうしようかなとか。

絵の要素を全部きっちり説明してみたり、逆に要点を一発で表す単語を探してみたり。

絵できれいな線とか力強い線とか、何とか雰囲気出そうとするように、選んだ単語の字の形が、そういう雰囲気作るんじゃないかなあとか。

小説の作法としてはきっと邪道だと思うんだけど、漫画家だからしょうがない。変わったことしたら変わったものが出来るかもしれないしね。

本書き今日がんばったら終わるかもしれないけど、どうだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/04/24

vs大宮 再発進!!

2011J1第7節、vs大宮は1-0!!

最開幕も白星発進です!!

いやー、やりましたねー(^^)/

この試合、NACK5のラジオ生中継をつけていたのですが。

ラジオなら仕事しながらでも大丈夫かなと思ったけれど、だめでした。いやむしろ、ラジオの方が何が起きてるのかよく分からない分、もう気になって気になって(笑)。

前半なんて、やばい、もうやられる、とハラハラしどおしでした。後で録画を見たらそこまでじゃなかった。

ただやはり、前半は結構押し込まれ、シュートも打たれていて、大宮ペース。

そこを後半システムをいじって巻き返したのは見事。

そして茨田君の活躍が目に止まりました。

4-2-3-1にして、というのはラジオでも言ってたんですが、大津君が左に出るのはいいとして、元来サイドプレーヤーではない茨田君の右はどうだったんだろうと思っていたら。

しっかり上下動を繰り返し、右SB酒井君とのコンビネーションで、どんどん崩していた。むしろ左より右の方が良かったぐらい。

交代でさらにはボランチもこなし、技術と戦術理解の高さを存分に見せました。

スペースへぽんと落とすダイレクトパスとか、見ててうなりましたよ。

大宮もやはり2トップは怖くて、際どいシュートもあり、なかなか接戦。そこで押し込まれても辛抱して、ペースを引き寄せて勝利をもぎ取る。

前節大勝に対して今回は粘り勝ち。しかも二試合連続完封。

次も期待できますね!!(^^)/

今Jリーグタイム見てるんだけど、仙台の劇的勝利が鎌田君のヘディングシュートだったり、レイソルユース出身の熊本の仲間君が初得点だったり、栃木の先制点は渡部君のヘディングシュートがこぼれた所からだったり。

レイソルとそのゆかりの人が大活躍の日だったんですねー。みんながんばった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/23

U-18日本代表vsFCダラスとJリーグ再開

U-18日本代表アメリカ遠征、ダラスカップ予選リーグvsFCダラスは1-2。予選リーグ敗退。

でもその一点は相馬君ですよ!(PK)。

山中君とともにフル出場。よしよし。しっかりレギュラー取るのだぞ。

決勝トーナメントには出られないけれど、その分練習試合するようです。連戦だから、出るとしたらあと一試合かな?

さて、本日23日からJリーグ再開ですよ! 大宮と対戦ですよ!

試合ちゃんと見てないんだけど、大宮の今季の評判はなかなかいいみたいです。

ラファエル&李天秀の2トップは、去年から強烈で、そこに中盤の新戦力、磐田から上田、大分から東が加わって、さあどうなってるか。

うちはキャンプを経て、メンバーがどうなるかが注目。競争に勝ったのは誰だろう。開幕の2トップもびっくりの抜擢だったし、さてさて。

キャンプをはさんだので、もう一度開幕戦な気分です。

また勝とうぜー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/22

魔法の杖

元記事ちょっと長いんだけど、すごい発明だと思ったので引用。

電気の“魔法の杖”で炎が消える?

Charles Choi
for National Geographic News
March 31, 2011

消防士が電気の通じた“杖”をひと振りするだけで火災が鎮火する。そんな魔法のような未来が最近の実験で示唆されている。

現在、消火には水、泡、粉末などが使われている。だが、アメリカにあるハーバード大学のホワイトサイズ研究グループは、“電場”も利用できると提案している。この方法なら、水による家財の損傷や消火剤がもたらす環境への脅威を低減できるかもしれない。

研究チームは、壁のコンセントに接続した600ワットのアンプに1本の細いワイヤーをつないだ。アンプの大きさはデスク横のファイルキャビネット大で、高性能カーステレオ程度の出力だ。

この“魔法の杖”の装置が発生する電場の強度は100万ボルト毎メートル。ハーバード大学の博士研究員である化学者ルドビコ・カデマルティリ(Ludovico Cademartiri)氏は、「乾燥した空気中で火花を起こすのに必要な強さの電場だ」と話す。

最大で高さ50センチの細い炎を噴き出すバーナーにこのワイヤーを何度も近づけてみたところ、毎回ほぼ一瞬で炎が消えた。“ハリー・ポッター”の魔法のような威力だが、装置の安全性は高いという。「電気周波数や電圧、電流は、健康な人に害をもたらすほどではない」。

より安全なタイプもいずれ考案できそうだ。「実験時の10分の1のワット数でも同じような効果が期待できる。持ち運び可能な装置も作れるかもしれない」と同氏は考えている。

炎に含まれる電子、イオン、すす(煤煙)は、いずれも電場に反応する。実験はこの原理に基づいており、本質的には電気を使ってバーナーから炎を“押しのけ”ている。「燃料源から離れるので、炎は消える」とカデマルティリ氏。

研究チームは現在、電極の形状を工夫し、電流、電圧、周波数をさまざまに変えて、さらに遠くから広範囲に消火できないか研究中だ。「使い道をいろいろ検討し始めたところだ」とカデマルティリ氏は話す。将来的には、同様の装置をスプリンクラーのように建物や船の天井に設置する、消防士が背負って持ち運ぶなどの応用が考えられる。

だが、「何事にも限界がある」と同氏は付け加える。一定の区画の火災には有効だが、山火事のような広範囲の大火災にはあまり役立たないかもしれない。「効果の大きさは電場の強さにかかっている。広範囲に大きな電場を作り出せるかどうかが課題だ」と同氏は説明する。

火を消すだけではなく、エンジンや炉、トーチなど、わずかな火を利用するケースにも役立つかもしれない。電場は炎の温度やその周囲の温度にも影響を与えられるためだ。「これが炎の新しい制御方法になれば、幅広い技術分野に応用できる可能性がある」とカデマルティリ氏は期待を寄せる。

今回の研究は、カリフォルニア州アナハイムで開催されたアメリカ化学会の会合で3月27日に発表された。

広範囲に展開して炎を防ぐと、シールドというかバリアというか、SFチックでかっこいい。

炎が割れて、そこからケッタ君かっこよく登場。

Magic_wand

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/21

アーク・ロイヤル

久々の一こま漫画。

英空母「アークロイヤル」が競売に、イラク進攻で重要な役割

英国防省は空母「アークロイヤル」を、同省関連部門が運営するウェブサイト上(www.edisposals.com)でオークションにかけている。

それによると、入札締め切りは6月13日で、空母の保管方法や処分の仕方も考慮したうえで落札者を決定し、今年中には新たな持ち主の手に渡る予定だという。ヘリポートとして使用するためにロンドンに停泊させる案も出ている。

アークロイヤルは、政府の歳出削減の一環として、今月初めに予定より前倒しで退役。ボスニア紛争での北大西洋条約機構(NATO)の軍事作戦や、2003年のイラク進攻時でも重要な役割を果たした。

ロイター2011年 03月 29日

同型の空母インビンシブルは200万ポンド、本日の相場で2億7千万円で売却済み。

Photo

千円ではプラモも買えませんよ、ケッタ君。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/20

U-18日本代表vsFCバルセロナ フル出場!!

U-18日本代表アメリカ遠征、ダラスカップ予選リーグvsFCバルセロナは1-2。

しかし我がレイソルから呼ばれた山中君と相馬君が、二人そろってフル出場!!

第一戦は後半途中からの登場だったようです。きっと二戦目がバルサだから、こっちに照準を合わせて、調整だったに違いない。きっとそう。そう決めた。

この大会、予選各組一位抜けのみ決勝トーナメント進出のようです。この一敗は厳しいかなー。

地元ダラスが二連勝、得失点差が+5。日本が二位で一勝一敗、得失点差が+1。3-0以上じゃないとだめ?

まあでも、とにかく経験が大切。三戦目にもフル出場して大活躍して欲しいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/19

出崎統監督

アニメ監督の出崎統監督がお亡くなりになりました。享年67歳。

今文章描き中で、流してると作業できないから中断してるけど、「あしたのジョー」を見てるところでした。

次は「ベルサイユのばら」を見ようと思ってて、今NHKBSプレミアムで夜中にやってる「雪の女王」も、余裕のある時にまとめて見て楽しもうと録ってるところ。

哀しいな……。

出崎統監督と言えば、まずあの止め絵に代表される特徴的な演出技法が挙げられますが。

僕が一番すごいなと思うのは、「どういうタイミングでどう見せるか」という判断に優れているところです。

これはあまり語られないけれど、とても重要なことだと思います。

ああいう演出は出崎監督が元々漫画家志望だった影響があるようで。

それに対して宮崎駿監督は、架空世界で起きている事をそのまま撮るような、映画的な感じですが。

でも宮崎アニメの面白さも「どういうタイミングでどう見せるか」がキモなんだと思うのです。コナンも途中だ。早く続き見たい。

つまり、地味な所も派手な所も全編に渡って、そういう判断がしっかりしているということは。

「視聴者がこれを見てどう感じるか。何を見せ、何を見せず、視聴者をどう誘導するか」が把握できているということなのです。

そんな人の手にかかると、僕ら視聴者は、その手の平の上で転がされちゃうわけです。

あの特徴的な演出も「今、ここでこのシーンを視聴者にがっちり印象付けなければいけない。そして物語の構成を考えたらここでこういう印象を持って欲しい」という判断があってのことで。

これが出来てないと、やたら派手だけど何言いたいのかよく分かんない物になったり。

あるいは、地味に細かい事やってるけどすごい退屈な物になったりするわけです。

そういう演出のベースになる能力がすごい高い監督さんでした。

たくさん楽しませてくれて、ありがとうございました。これからも何度も見て楽しもうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/18

シェルクンチク 第59章 グローリアの胎動Ⅲ

デスクトップ君が壊れたみたいです。

ネットブック君だと、画面小さくて画像いじるのがめんどくさいのです(^^;;)

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 第59楽章 グローリアの胎動Ⅲ (渡辺道明 ヤングガンガン)

今回が一つ山。

こういう時には遊びのコマがないので、本筋に触れるしか感想の書きようがないんだけど、それはナベ先生本人がブログに書きそうなのでどうしようかなーと考えて、ここを。

59

さらに今後の展開を含ませたページ。ピロロは生前のハープ・シコードを知っている。

手伝ってて、分かってたはずなのにびっくりしたのは。

ピロロ結構お姉さん。

大戦で亡くなったハープ・シコードの記憶がしっかりあるということは、最低20代半ばぐらい?

ピロロがお姉さん的ポジションだということは、設定の段階からナベ先生が言っていたし、妖精なんだから別に300才ぐらいでもいいわけですが。

グレートと同レベルでけんかしてるし、見た目も小さいので、ついついもっと低年齢のイメージになってた。一瞬驚いてから、あ、そうか、別にいいのかと思い直したページでした。

ピロロにまつわるお話はまだ手をつけていないので、さあどうなっていくのでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/04/17

今週一週間 漫画じゃないが漫画と同じ

都知事選は最悪の展開。

原発問題はタイムリーなトピックだが都政とは関係ないとは思ってたけれど、出口調査でみんなの一番の関心事だったのに、それが結果に反映されてないとはこれいかに。民主主義って今のシステムでは限界なのではないかと時々思う。

はいはいみんなオタク文化が嫌いなんだよねとか、デジタルデバイドとか、世代間闘争とか、いろいろふてくされたけれど。

仕事で結果を残し一石投じられる立場になって、全力で相手の脳天かち割るぐらいの勢いで石を投げようと考え、その日のためにがんばろうと心を落ち着けて作業に集中。

さてまずはお知らせからです。今日は恒例のものの前に。

梅木泰祐先生の漫画「ヨミとミサキと超文明」が、4/19発売の電撃大王GENESISの付録冊子に載ります! 告知絵がこちら。

ちょっとだけ手伝ったのです。ネームから見てるけど、面白いですよ、この漫画。

恒例な方のお知らせはCOMITIA96。

5/5 11:00~16:00 東京ビッグサイト東1・2ホール「な18a かってに応援団」です。おとなり「な18b」は梅木君の雲形発着場。やんむらさんのすいか工務店は「な28b」です。

「Spring8」のセリフの活字が小さくなってしまっているという誤植があるので、修正しようと思います。写植を上から貼る予定。前回ご購入いただいた方は、お持ちいただければ修正済みの本と交換いたします。

そろそろ写植作っておかないと。仕事あるから直前になると大変。

Spring8_23

そして今週のお仕事。

今週は自分の作品の作業中。ノルマ終わらないとがんばったら、寝る時間がずれて元に戻らなくなりました。

今やってるの小説だって、どこかに書きましたっけ?

前に漫画で立てた企画。自分で描くには絵柄が合ってない、そもそも商業誌に持ってく漫画としては話の重心が後ろすぎると考え、小説にしてみることにしたのです。

この辺の感覚を文章で説明するのが難しいのですが。

僕はここ何年か、自分のスタイルというものをずっと考えてきました。その中で、世間の区分けと自分の中でのそれは違うんだなと感じるようになりました。

要するに僕は子供の時から頭の中でいろいろお話を想像するのが好きで、それが高じてこっちに来てるので。

自分でお話を作ることが重要なのです。

「DEATH NOTE」「バクマン。」の原作者、大場つぐみ先生は、ご自身は別名で連載をしたこともある立派な漫画家です。ですが、世間的な肩書きとしては、「大場つぐみ」は漫画家ではなく漫画原作者に分類されるでしょう。

それに対して小畑健先生。原作付き漫画の原作は、あらすじだけの原作から、脚本、ネームといろいろ幅がありますが、上記二つに加え「ヒカルの碁」もネーム原作だったようなので、小畑先生の代表作には、絵を描くことに重点を置いたお仕事が多いわけです。

ですが、小畑先生をわざわざ漫画作画家とは呼びません。普通に漫画家です。これは他の原作付き漫画を描いている漫画家さんでも同様です。

つまり、漫画家という仕事は世間的には漫画原稿を製作するところにひもづいていて、どちらかというと絵を描くことに寄っている仕事。例えば、漫画家がイラストの仕事をするのも、普通のこと。

しかし、僕にとっては前述の通り、お話作ることが重要なので。

同じ漫画でも、原作に縛られてたり(原作付きもしたけど、わりと自由で助かった)、こういうのを描けと編集さんに縛られたりすると(これはよくある)。

とたんに高い壁を感じるのです。

僕の中では、壁の向こうに、イラストの仕事と自由裁量の少ない漫画の仕事があって。

これは「仕事」で頼まれた時にこなさねばならない物で。

壁のこっち側に、お話から自由に描いてる漫画。試してないけど、自分の裁量で描いていいなら紙芝居でも絵本でもいいんだと思う。

そしてその地続きで小説まである感じなのです。

これらは、頼まれてもいないのに勝手にどんどん描くもの、です。

というわけで、僕の中では漫画も小説も大して変わらない、という認識なのですが。

実際技法としてはだいぶ違うわけで。

そこで僕は、もう漫画のまんま小説を書くことにしました。小説を「描く」でもいいな。

漫画と同じように考え、途中まで漫画と同じように作業し、最後原稿を描く時に、絵にするのか文章にするのか。

うまくいけば読んだ時に、ものすごく絵のイメージが湧く物になるはずだ、なぜならそもそも絵のイメージを伝えることに専念してるからだ、と挑戦中です。

漫画のタッチにあたる部分がなかなか難しいんですよねー。さてどうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/16

TMvs鹿屋体育大学 キャンプ最終戦

雨の中の練習試合、vs鹿屋体育大学は4-2!

水野君のCKが三得点に絡んだようです。いいキック蹴るからな。公式戦で早く見たい。

澤さんも得点しているし、攻撃的MFの先発争いも激しいですねー。

四点目が山ちゃんのミドルシュート。山ちゃんも今年出場機会を増やして欲しいですね。気が利くタイプの選手好きなんだ。

さあ、指宿キャンプも午前練習で終了。再開に向け、ここから一週間! 楽しみだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/15

油断

やってみたら結構難しい作業工程。進みが思ってたよりかなり遅く、こりゃやばいぞと冷や汗かいていたところ。

スケジュールを確認したら、伸びてました。

これで慌てて作業しなくてもすむ。しっかり時間を使っていい物にしようとほっとしたら、本日。

ほっとしすぎて集中力が切れ油断が発生、ゆったり再編成した今日のノルマが終わっていません。今慌てているところ(^^;;)

ブログにも時間使おっかなーと思っていたのにこの有様。夏休みの宿題が終わらない性格は、子供の頃から直ってないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/14

TMvs熊本 目指せロンドン

練習試合vs熊本は2-0!!

組まれている練習試合では最も上のカテゴリーのチームとの対戦。先発を引っ張って交代は三人と、一番実戦に近い形になりました。

熊本とは去年対戦。二試合目のホームでは0-0と守り切られましたが、今回は快勝。よしよし。

多分このメンバーが現時点での先発組だと思うんですが、注目はバックライン。今日は酒井君が先発。

しかしCBではなくSBとしての出場だった模様。おや?

朴さんの出場がなくて、そのコンディションも気になるところですが、村上君がその代わりにずっと入ってる。この間までは増嶋君の右SBを崩したくないのかなーと思ってたんですが。

今日SB村上、CB酒井じゃないとすると、村上君のCB挑戦は本格的? 確かにヘディング強いしな。面白いかも。

二得点は両方とも酒井→工藤のホットライン。大津君が代表合宿でいない間に、工藤君大アピール。開幕の2トップが大きく走り回る作戦を続行するなら、工藤君も向いてるタイプ。ますますFW競争激化です。

二人ともロンドンを目指す世代です。どうせなら茨田君も入れて、四人ぐらいロンドン行ってもいいよと思うわけですが、特に酒井君には日本のためにも期待です。

U-22代表は、もうJリーグでも実績を残している選手が多くいますが、その中で、DFラインだけが手薄です。今年もどんどん試合に出て実績積んで、代表に呼ばれて欲しいですね!

そのU-22代表は練習試合をしたそうで。vs全日本大学選抜、2-0。vs神戸、0-2。

両試合とも前後半選手を入れ替える形で、大津君はvs全日本大学選抜ではFW、vs神戸ではMFで出場。ちゃんとアピールできたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/13

生活サイクル

漫画家は夜型の人が多いです。

夜の方が静かで集中できるとか。

そんな積極的な理由じゃなくて、追い詰められないとエンジンかからないから、ノルマが終わらなくてどんどん寝るのが遅くなるとか。(←僕)

そんな感じで。

世界標準時で生活しているのです。欧州とかアフリカ行っても、時差ぼけ感じないんだぜ。

さて、消極的な理由で寝るのが遅くなる僕ですが、本日はそれを通り越し。

なかなか終わらない工程に業を煮やした僕は、終わるまでもう寝ない宣言。結局全部は終わらなかったけど、寝たのはぐるっと回って昼の一時過ぎ。

しかしカーテンを開け朝日をばっちり浴びて体内時計をリセットしたので、「昼寝?」と勘違いした僕の身体は三時間で目覚めました。

ちょっとやって一工程完了させ、今休憩中。多分緊張感抜けて、眠くなると思います。これで生活サイクルを元に戻そう。

こんなことしてると寿命縮まりそうでやだなあ(^^;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/12

余震

震災発生から一ヶ月。だんだんおさまってくのかなと思ってた余震が、ここに来てまた。

4/7の夜に宮城県沖でM7.4震度6強。今日4/11の夕方に福島県浜通りでM7.1震度6弱。

これ一つだけで十分大きな地震です。停電も起きてるし。これが余震だもんな。

しかも数が減ってた余震が、今日夕方以降ぐぐっと増えてます。

早くおさまってほしいですねー。

夕方の地震の時、僕はちょうど、疲れたなーとひっくり返ってるところでした。東京は震度4だったのですが、なんか地震慣れしちゃってて、揺れてるなーと思いつつ身動き一つせず。

もっとでかいのが来る肝心の時に、逃げ遅れそうで怖いです(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

TMvs鹿児島 続く競争

練習試合vs鹿児島は、4-1!

田中君、二得点。今季は練習試合ですごい点取ってる印象です。確認してみたら、練習試合は五戦六発で全試合得点。ブレイクの予感……!

大津君は代表合宿へ移動で今日はお休み。大津&ワグネルのセットはFK大量得点の魅力を感じさせ、そうすると田中&大津の2トップ続行かなと思わせるのですが、ところがどっこい、鬼のいぬ間にキタジもアピールです。二試合連続得点。

FWの争いはホントに激しいですねー。

激しいポジション争いと言えば、中盤も激化しています。澤さんと水野君が復帰してますが、茨田君が主力組。

期待の20番ですから、遠慮せずにぐいぐい伸びて、実力者を抑えてスタメン確保、さらにはロンドンまで行っちゃっていいですよ!

山中君が今年も二種登録です。

去年はベンチ入りが二度。U-18代表にも選ばれてることだし、山中君も遠慮せずにぐいぐい伸びて、今年は試合に出ちゃってもいいですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/10

今日は都知事選

本日4/10は都知事選挙です。

webDICE - 骰子の眼 - 東京都知事選候補者に聞きました。「原発」「青少年健全育成条例」「医療用大麻」「家賃の更新料」「築地移転」 http://t.co/dACHn2K 候補者アンケートを見て、あした誰に入れようかと検討中。

重い時のクローンサイトはこちら。

漫画家なので、当然、青少年健全育成条例には反対なんですよね。

ゾーニングだと言ってるけど、余計なものがいろいろついてるし。

そもそも健全ってどういう状態かというのが疑問だし。賛成派の人の言ってるイメージだと「大人の言うことを聞くよい子ちゃん、純真無垢な少年少女」だけど、そんな子をいきなりこの不健全な世の中に送り込んだら、ドブ川に岩魚を放流するような感じで、ぷっかり浮いてきちゃうんじゃないだろか。

それに、ホントは規制だけじゃなくて、じゃあちゃんとした情報をどう伝えるのか、性教育の問題とセットなはずなのに、その議論はないし。

だいたい、オタク文化だけ狙い撃ちしても、他のものがあったら意味ないし。オタク嫌いを公言したということ以外に。

あと成立の過程が問題。社会学的なデータを示した反論が出ても、まるで無視。実はポルノは欲望のガス抜きになってて、規制を強めると性犯罪が増えるという説もあるのです。それがほんとだったら誰が責任取るんだろう。

密室議論でちゃんと公開しないし、こっそり採決しちゃおうとするし、これを進めた人たちの、民主主義に対する姿勢も疑問。

あと余計な仕事増やして、無駄なポストを作ってるようにも見える。そういう話もちらりと聞いた。

というわけで反対。撤廃したい。これが一番の関心事で。

原発は都のやることじゃないから置いといて。でも助成金を作って太陽光発電を推進するのはいいんじゃないか。

築地移転は利権の臭いがするからいやだ。

この辺が僕の基本姿勢。

このアンケートだけじゃなくて、候補者の人たちは他にもいろいろ言ってます。完全に意見が一致する人は、なかなかいない。

さあ、誰にしようかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/09

今週一週間 流れに逆らう

今年に入って結構こまめに運動し、4kgの減量に成功していたんだけど、ここ何週間かの続けざまの仕事で運動できなくなっていて、見事にリバウンドしました。がっかりorz

ということで、また体重落とさねばと、仕事明けの日に散歩。

気がつけば桜が咲いてます。近所の桜並木がきれい。

季節は進んでいくのだなと、暖かい空気を感じながら思いました。僕らも進まねば。

さてまずは恒例のお知らせ。

COMITIA96に出ます。5/5 11:00~16:00 東京ビッグサイト東1・2ホール「な18a かってに応援団」です。

おとなり「な18b」は梅木君の雲形発着場。やんむらさんのすいか工務店は「な28b」です。

「Spring8」のセリフの活字が小さくなってしまっているという誤植があるので、修正しようと思います。写植を上から貼る予定。前回ご購入いただいた方は、お持ちいただければ修正済みの本と交換いたします。

Spring8_23

さて今週は。

火曜日にナベ先生の仕事終了。水曜から自分の作業に入りました。

先週書いたとおり、今年の僕の行く末が今月にかかってます。

しかし疲れている時に話作ろうとしても、なかなか冴えたアイディアが出てきません。

いきなり遅れています。がんばらないとー。

ところがこの企画の評判が、身の回りではあまりよろしくない。

中身より、そもそも狙いどころが違うんじゃないかと。

出してもだめなんじゃないかと、みんな哀しい目で僕を見るのです。

僕もそれに気づいていないわけじゃなくて、編集部の狙いとは違う可能性大いにありと思いつつ、ストライクゾーンのコーナーぎりぎりをかすめられたらいいなという腹づもり。

ずっと続いてる出版不況で、需要の大きい描き方への絞込みが起きてるなーとは、以前から思ってたんですけど。

場所によって違うんだろうけど、僕のいる辺りでは最近特に厳しいのです。他の人も苦労してて、それも見てると、大まかに言ってどうも2パターンぐらいしか通りそうな気がしない。

僕がもし現在のその流れに身を任せたとします。絵柄としてはどちらかと言えばかわいい系に分類されるので、2パターンのうちの一つ、萌え漫画に流されていくでしょう。でもその技量は自分でも今ひとつだと思うので、多分成功しません。

大体僕が読みたくないですからね、形だけそれっぽくしてツボ押さえてない漫画。

だから流れに逆らって、需要が少ない所に行っちゃったとしても、さらに形が全く変わっちゃったとしても、自分が押せるツボを押しに行くのです。

コーナーぎりぎり、かすめられるといいなあ。

最近読了した本。

セドナ、鎮まりてあれかし (泉和良 ハヤカワ文庫JA)

大戦の激戦地だった太陽系辺境の小惑星セドナで、遺骨の収集をする尾野碁呂(おのごろ)空曹のお話。他人を想う優しさに満ちた、鎮魂の物語。

ラモックス ザ・スタービースト (R・A・ハインライン 大森望訳 創元SF文庫)

冒険家の家系の末裔ジョン・トマス・スチュワートのペット、ラモックスは、曾祖父が宇宙から連れ帰った謎の生物。ある日ちょっとした気まぐれで庭を抜け出したラモックスは、町を大混乱に陥れて……。

以前読んで記事を書いてます。また読んだので追記。ホント面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/08

TMvs福岡大とU-18、22代表選出

練習試合vs福岡大学は、45+30+30の変則マッチで10-0の大勝!!

中断でコンディションはどうかなーと思ってたけど、みんなきっちり維持してたみたい。一安心。

開始早々ワグネルさんのFKが炸裂。ペナルティーアークのそばから当然のように決めた模様。ホントすごい。

このFKを取ったのも開幕戦同様大津君で、大津ドリブル+ワグネルFKはものすごい得点源ですねー。

FW6人のうち、なぜか途中で退いているホジェルさん(怪我?)(((・・;;)))以外の5人が得点。競争は激しい。みんながんばれー!

そしてU-22日本代表に大津君が呼ばれました。

大津君はウズベキスタン遠征で、負けた第1戦で先発したものの途中交代、2戦目出番なしだったので、うまくアピールできなかったのかとはらはらしてたんですが。

どうやらお腹壊したのが原因? また呼ばれたのでほっとしました。アピール続行、がんばってー!

U-18日本代表には相馬君と、山中君が。

バルサと対戦するみたいですよ∑(・o・)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/07

シェルクンチク 第58楽章 グローリアの胎動Ⅱ

前回はだいぶ時間がたってしまったので、今回は早めに。

散歩がてらヤングガンガン買おうとしたら、三軒はしごするハメに。近所のコンビニに入ってないのは知ってたんだけど、本屋にもあんまり入ってないのかなとふと思い。

発売から何日かたっているので、単に売り切れかもしれないけど、震災の影響で、紙不足やインク不足、本の売り上げの減少が伝わってきて、出版業界どうなっちゃうのかなと思っている時だけに、ちょっと気になったのでした。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 第58楽章 グローリアの胎動Ⅱ (渡辺道明 ヤングガンガン)

今号はずっとシリアスです。

58

かなり悪そうな感じでハープ・シコードさん登場。

この回は大変でした。実際の作業も量が多くて大変だったんですけど、地震後で原発事故もあり、心落ち着かず。締め切りどうなるの? とか、そもそも本は出るの? とか、かなり混乱。

被災地で流通止まった本屋さんの話とか聞いたけど、もう戻ったのかなあ。

表現に自主規制が入る例も聞きました。のんきに漫画を楽しめる日常が、早く帰ってくるといいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/06

温泉と納豆

仕事終了して帰宅ー。

余裕を持って終わらせたので、久々に温泉で打ち上げ。外の気温と露天風呂の湯温が絶妙で、何時間でも入っていられそうな心地よさ。はあー、極楽。

品不足の話をしてたら、おみやげに納豆いただきました。わーい。

ナベ先生は明日、アイススケート二部練習だそうです。タフだなー。

僕は明日から自分の作業に没頭です。まずがっちり寝て、脳をリフレッシュしないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/05

スポーツは必須

仕事中の話題が、不安なニュースについてばかりになってしまったので、ナベ先生から不安になる話題禁止令。明るい話題を探すことに。

しかし、このご時世、明るい話題というのもなかなか難しいのです。単発になっちゃう。

結局サッカーの話に落ち着きました。やっぱり世の中に明るい話題を提供するスポーツは必須です。

サッカーと言えば、レイソルの指宿キャンプが始まりましたね。

西日本のチームは練習中断せずに活動していたみたいなので、ここでぐぐっとコンディション上げて、追いつかなくてはいけません。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/04

自粛か不況か

ナベ先生の仕事場に移動です。

移動中の電車で、壁の広告が激減していることに気づきました。中吊り広告もグループ会社の物が多数。雑誌の広告をまったく見かけず。

乗り換えた時には読書に夢中になってたので、そっちは確認しなかったんですが、電車降りた後になって気になって。たまたまだったのか、他の電車でもそうなのか。

他でもそうならこれは自粛の結果なのか、それとも不況なのか。どちらもまずいよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/03

情報源のリストラ

昨日、震災で見直しと書いたんですけど。それは多方面にわたっていて。

その中の一つがニュース元。ご飯食べながらネットでニュース巡回が生活パターンになってたのですが。

震災でチェックするところが増えてった結果、情報量が多くなりすぎて追いきれなくなりました。特に仕事中はのんびり見てるわけにはいかないから、絞らなくてはいけません。ということでリストラ敢行なのです。

この事態の中で、各メディアは情報源としての信頼性も試されてました。

特に原発事故でここはあおってばっかだなとか、もしかして科学的な背景を分かってないんじゃないかとか、そういう所は見ても仕方ないから巡回から除外。

マスコミの支持率ってじわじわ落ちてて、変革が求められてたと思うんだけど、状況は加速したかもしれないですね。どこが頼れるかはっきりしちゃった。

そういう調査もあるようです。重視した情報源は、この調査では、NHK(TV)80.5%、民放(TV)56.9%、ポータルサイト43.2%、新聞36.3%で。

信頼度が上がったか下がったかのデータで、差分を取ると、NHKが+24.1、ポータルサイトが+13.3、新聞-3.1、民放-6.5となり、明暗が分かれます。

ネットユーザー対象の調査なので、その分は考えないといけません。もともとポータルサイトが高めで新聞が低めと思われ。

そう考えてもNHKはがんばった。特に解説委員の山崎さんと水野さんがいろいろまとめて解説してくれたので、僕はずいぶん助かりました。

ポータルサイトはよその情報を集めてきてるんじゃないのかなということで、自前の質というより、ばっと一覧できるところでしょうか。確かにこれだけいろんな重大事が同時に起きていると、一覧性は大切です。それも痛感。

新聞、民放、あと速報じゃないということでこの調査にはありませんが、報道系の週刊誌なんかの旧来のマスコミは、全体として評価を下げたのでは。

あおった方が視聴者や読者の興味を引き付けて儲かるという、本質的な部分があるから仕方ないのかなとも思います。多分無意識に染み付いちゃってるのではないか。

ただ、これぐらいの事態になるとあおられなくても十分おおごとなわけで、そこでさらにあおられて右往左往したくない。なるべく見ないようにしてました。

考えてみたら昔々は瓦版を配ってた仕事なわけで、騒がせ屋で野次馬集めることの方が本質なんですよね。どんな仕事にもあることだけど、そこにジャーナリズムという社会的な意義を持たせるためには、関わる人がかなりがんばらないと。

マスコミでも所により違ってて、そういう姿勢の差も浮き彫りになってました。

さて、ソーシャルメディアを情報源として重視していた人は、18.3%とそう多くはないですが。

デマも流れたので信頼度が下がったと答えてる人も多いのに、差し引いても+4.4とプラス。

僕なんか、すごい頼ってましたから。ただ、信頼度を上げるためには情報を流してる人の顔が見えてることが重要で、この人は冷静だとか、この人は詳しそうだとか、そういう人からの情報が流れてくるようにするのが大切。

でもこれは考えたら、普段の生活で誰かの意見を聞く時には普通にしていることで、そういう部分はまさにソーシャル(社会的)ですね。

増やしすぎちゃった情報源を整理しながら、世の中はこれでだいぶ変わってくんだろうなあと感じたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011/04/02

今週一週間 ちょっとリニューアル

週末に雑感記をまとめていましたが。

雑感を平日に書くことも多くなってるので、タイトル変えてみましたよ。

年度始めの四月だし、内容もちょっとリニューアル。身の回りの出来事を中心にお送りします。

まずはお知らせ。

COMITIA96に出ます。5/5 am11:00~pm4:00 東京ビッグサイト東1・2サイトホールです。

カタログで「Spring8」を紹介していただけるそうなのです。どう書かれるんだろう。どきどき。

表紙画像を再掲。

Spring8_23

さて今週は。

3/26よりお手伝いの仕事。作家さんがウチに来てやるという変則方式。

いつもは使ってない机回りを片付けようと、無理な姿勢で机の下にもぐりこんだら、肩の筋を違えました。仕事する前から大ダメージ(^^;;)

仕事中、その作家さんが、この仕事が終わったらのんびり本が読みたいと言うので、僕の蔵書から二冊貸し出し。「宇宙の呼び声」と「夏への扉」。どちらもハインライン。ここでも何度か触れてます。

基本的に応援団ということで、ここでの書評はほめることが中心の甘口ですが、この二冊はホントにお薦めです。

「宇宙の呼び声」はキャラクターが生き生きと立っていて、ライトノベル的な面白さ。「夏への扉」はハインライン最高傑作にも推され、見事な筋立てと素敵な読後感。

3/30からはナベ先生の仕事。

起きてから寝るまでという作画作業が続くと、ずっしり疲労がたまっていきます。間が短いから回復しておらず、目覚ましかけても起きられなくなってきています。

これが終われば連続で続いた作画仕事は一段落して、たっぷり寝られるようになるので、もうひとふんばり。

震災を機会に。

生活パターンの見直しが続いています。

日中と夕方に節電しなきゃいけないことから、いろいろと考えましたが、その中で作業のBGMを見直し。

TVの消費電力は結構大きいということで、よくつけていたCATVの音楽チャンネルを昼間はやめて。

PCは作業中にも使うので消せないから、ここに一本化しようと、インターネット放送へ。音楽流しっぱなしの番組が多いので、radikoよりサイマルラジオの方が好みです。

放送局がたくさんあって全ての番組はチェックしきれませんが、福知山のFM CASTLEが平日夜や休日に流してる音楽番組は、古い曲から新しい曲までごちゃ混ぜで、懐かしい曲がいつかかるかなというおっさんほいほい的な構成で楽しめます(^^)/

今リンク張ろうとしてradikoのページに行ったら、IPアドレスの制限は戻すんですね。関西中京局はもうお終い、関東局は4/11まで。

インターネット放送はラジオの復権になるかもしれないし、規制に守られているより自由競争した方が質が上がる。震災を機会に前進したらいいのにと思ったけれど、業界のしがらみは根が深い。

広告収入がじわじわ減って、放送局の統廃合が進み、実質意味がなくなるまでは出来ないのかな。すごい先のことっぽい。ナベ先生が雑音なしで聞けると喜んでいたのになあ(^^;;)

さて四月になりました。

四月は勝負の月なのであります。

今年の僕の予定は四月末、五月頭までしか立ててないのです。自分の企画で何するかいろいろ考えてたけど、結局状況次第だなと白紙に。

夏、僕は忙しくしてるのか、その先はどうなのか、もしかして自分の作業は何にもなくて、ナベ先生んちに手伝いに行った後リゾート気分で帰ってこないのか。(笑)

ここで今年の全てが決まりますよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/01

シェルクンチク 第57楽章 グローリアの胎動

仕事立て続けで書いてなかった第57楽章の感想。もう今日に次出ちゃう。

……ちゃんと出るのかな。紙やらインクやら配送やら混乱が続いてるようなので、ちょっと心配。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 第57楽章 グローリアの胎動 (渡辺道明 ヤングガンガン)

緊迫感のある引きで終わる回でしたが、僕の選ぶコマは、その前のこちらの二コマ。

57

とうとうティナーもギャグに参戦。「おまえは魔王の子ではないなっ!!」というセリフが素敵。

これの前のページですが、グレートにはひいおじいちゃんの血も感じますね。イライラムラムラ辺りに(笑)。

今週仕事手伝ってた作家さんが、この回を読んで、「渡辺先生はギャグのキレが増してる」と感心していました。僕もそう思います。

そんなナベ先生は、一回辺りのページ数が少ないからギャグが膨らまし切れないと、ぼやいています。まだまだいけるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »