« 電力疎開その2 | トップページ | U-22ウズベキスタン遠征 »

2011/03/30

TEAM AS ONE

チャリティーマッチ、日本代表vsJリーグ選抜は2-1!!

でも何と言ってもカズでしょう!!

前半、日本代表の3-4-3が機能し、遠藤選手のFK、岡崎選手のゴールと、日本代表が先制。Jリーグ選抜は苦しいな、という展開でした。

まず海外組の人たちはシーズン中ですが、Jリーグは一試合終了したところで中断。練習もままならなかった選手もいて、コンディション面で不利。

さらにチャリティーマッチということで、Jリーグ選抜は人気のある選手を中心に選考されていて、チームのバランスも今ひとつ。4-3-3でスタートしましたが、アンカータイプの選手は見当たらない。

そこで先制されてしまって、Jリーグ選抜は三重苦です。

でもだからこそがんばって欲しかった。この試合はチャリティーマッチです。集めたお金も大切ですが、サッカーを通じてメッセージを伝えることが重要な試合なのです。Jリーグ選抜のチーム名は「TEAM AS ONE」。チカラをひとつに、です。

苦しくても、苦しくても、一点を求めてチーム一丸となって走り続ける姿で、メッセージが伝わる。Jリーグ選抜に1点取って欲しいなーと思って見ていたら。

来ました、後半! カズ選手のゴール!

キレッキレのカズダンス付き!

さすが、とうなると同時に。

この1点をカズ選手が取ったのは意義深いなあと思いました。

その立ち居振る舞いの華やかさからスターともてはやされるカズ選手ですが、サッカー選手としてはとても泥臭くがんばっている人です。

華やかなキャリアはずいぶん昔に下降線をたどり、今はJ2の横浜FC。そこでもレギュラーポジションを取っているわけではありません。

年齢を重ねた肉体はスピードを失い、長年の酷使による怪我もあります。

でも、それでもサッカーに真っ直ぐ向き合い、しっかりとトレーニングを積んで監督の信頼を勝ち取り、往年のスターではなく今の戦力として戦っているのです。

苦しい状況を走り続けて跳ね返してきた。今の日本が持たなきゃいけない気持ちを一番示してきた人が取った1点なのです。

点を取ったシーンだけではなく、守備でも攻撃でもカズ選手は全力で走っていた。その姿が印象に残りました。

がんばろう、ニッポン!!

|

« 電力疎開その2 | トップページ | U-22ウズベキスタン遠征 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/51250046

この記事へのトラックバック一覧です: TEAM AS ONE:

« 電力疎開その2 | トップページ | U-22ウズベキスタン遠征 »