« 逃げた方がいい? | トップページ | 一週間前の記事と大津君U-22へ »

2011/03/18

原発解説

今日も電話してる時に原発事故解説。

話しながら思ったのは。

やっぱり、よく分からないから怖いんだよなあということで。

この程度の放射線より危ない物は、世の中たくさんあるんですよ、と言っても、なかなか納得してもらえない。

僕は子供の時から科学好きだったので、専門家みたいに詳しい事が分からなくても、直感的なイメージは湧くんだけど、そういうのがないとただひたすら怖いみたい。

ということで、分かりやすくイメージ伝えられないかな、と思ってたところ。

こんなつぶやきを知りました。「うんち・おならで例える原発解説」。

すごい分かりやすい!

僕が調べた範囲の解説も加えときますと。

チェルノブイリの事故では、冷却装置の実験のため、安全規定を大きく下回るところまで制御棒を引っこ抜いてました。ブレーキをすっかり外しちゃった状態。それで核分裂がどんどん進み暴走し、超高温になって大爆発。

いっぺんにドカーンと吹っ飛んで、その後の火事も止められなかった。なので放射性物質がこれでもかと噴き出した。これが「ミが出るどころか下痢垂れ流して走り回る」状態です。

それに対して今回の事故は、地震の時に自動停止装置が働いて、制御棒が入ってる。ブレーキを全部がっちり引いて、核分裂は止まっています。

ただ冷却がうまくいってないので、中の冷却水が水蒸気になって吹いちゃっている。一緒にちょっと放射能を持つ塵が出ちゃってますが、これが「オナラ」。

もともとのエネルギーに大きく差があるので、チェルノブイリはまずないと思います。

今日はヘリコプターによる水の投下と、放水車、消防車による放水がありました。自衛隊の消防車の放水は届いたみたい。

電気も引き込むみたいで、これで冷却系が復活すれば、あとは冷まし続けるだけです。がんばれ!

|

« 逃げた方がいい? | トップページ | 一週間前の記事と大津君U-22へ »

日記・つぶやき2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/51140918

この記事へのトラックバック一覧です: 原発解説:

« 逃げた方がいい? | トップページ | 一週間前の記事と大津君U-22へ »