« セ・リーグ開幕日 | トップページ | 電力疎開 »

2011/03/26

反原発と反・反原発

13歳のアイドルの原発批判が的確だと評判だが、バカを言え。典型的な絶対安全論で、世の中に他に何のリスクがあるのか、リスクを取ることでどれだけのメリットを受けてきたのか、分かってないだけじゃないか。今原発を叩くと正義があるように見えるだけだ。あの理屈で世の中後退させたら文明全否定。

科学者は絶対安全なんか最初から言ってない。世の中にはもともと放射線があって、人間の身体はそれに対応して進化してある程度の損傷は修復できるので、この辺までなら何とかなるという比較安全だ。微量でも影響がというなら、自然放射線はどうする。自然は安全で人工は危険とでも言うのか。

微量でも危険と言うなら、化学物質はどうする。評価の方法は放射線と同じ。さらに、昔騒ぎになった環境ホルモンは別に解決したわけじゃない。マスコミが取り上げなくなっただけ。他の化学物質だって微量でも何がしかの影響はあるはずだ。全部止めるのか?

人工の化学物質だけが有害とは限らない。自然の砒素で中毒になる地域が知られている。清涼な自然の湧き水だって、そこにはなんかが溶け込んでいるんだ。絶対安全論者は、一体どうやって生きていく気だ。無知だから能天気なだけじゃないか。11/3/25

その記事はこちら。最初は、13歳ならまだ知識不足だろうし仕方ないかとスルー気分だったんですけど、賛同者がたくさんいる、しかも有名人もいると聞いて、そっちでかっとなってつぶやきました。

賛同者の一人、孫正義氏はホントにこれぐらいのことに思い至らなかったんでしょうか。それともツイッターマーケティングとして、世間受けのよさそうなところにポジション取ってるだけなんでしょうか。

僕はフォローしてないんですが、どうも普段伝え聞く感じでは後者のような気がしてて、いやなのです。あれだけ影響力のある人に、このポジションは取って欲しくなかった。

ちなみに以前の記事のコメントにも書きましたが、僕はもともとは反原発派です。

いきなり爆発するとは思ってなかったし、今回も制御棒は入ってるということでその点よりも。

放射性廃棄物を無毒化する手がなく、そっとしておくしかない点で、じゃあどんどん増やしてどんどん燃やしたら、廃棄物の管理コストがどんどんかさんでいっちゃうじゃないかと。

特に僕はSF描きなので、思考パターンが百年単位の未来によく跳びます。そうすると。

今回も封じ込めるところで四苦八苦しているわけで、やっぱり原子力で明るい未来というのは厳しいなと思います。

ただ、いきなり止めろというのはどうか。

放射能は目に見えないし、確かに怖いです。でもつぶやいたように、世の中リスクゼロは幻想です。ということは、いろいろ天秤にかけて判断しないといけないということです。

原発事故があって、計画停電をするということになった時、病院の人工透析の機械が電圧の変動で壊れた、というニュースを見ました。電子機器は電圧の変動に弱いです。人工透析の機械が壊れたのなら、他の機械も危険なはずです。

きっと僕が知らないだけで、例えば人工呼吸器をつけている人なんかは、命の危機にさらされているに違いない。

片や原発は万が一の事故が起きても、何とか逃げる余裕はあると思うし、万が一の確率がかなり小さい。万が一を避ける安心感のために、誰かの命が確実に危険にさらされる。この一点だけでも、停電を伴う即時停止には反対です。

ということで、僕のスタンスとしては。

放射性廃棄物をさくっと無毒化する基本アイディアがないのに比べたら、自然エネルギーの問題点は、コストとか効率とかの技術的な問題です。これはがんばればきっと何とかなる。

しかも欧米に比べて日本では、自然エネルギーの導入が遅れていて、今の技術でできる分もまだやってない。

そっちをがんばって、置き換えられる分から停止していくという辺りが、妥当なんじゃないでしょうか。

|

« セ・リーグ開幕日 | トップページ | 電力疎開 »

日記・つぶやき2011」カテゴリの記事

コメント

私も、原発には反対したいです(;Д;)
原爆の話を幼い頃から聞いて、放射線=怖いと教えこまれてきたので。

でも、現実的にこの膨大な人口の東京に住んでいて、しかもゲーム好きとなると電気って、すごく大事で原子力くらいでないと、まかなえないのも承知はしてます。
それに替わるものが、まだナイ事も理解しています。
だから、じゃあ原発いきなり無くしましょう。
は、ちょっと言えないかも。

私は
話題の「うんことオナラで原発を説明」の話で、今の状況を説明するなら

「みんながいる教室で、すんごい下痢を始めてしまった。しかも教室の担任先生は、そのブツをどうにかしないで、周りに消臭剤をまいて、とりあえず授業やれる状態にしませんか」
な動きをしていて

その根本の「ブツ本体」を片付けるか、ビニール袋に厳重にくるんでしまうかをしない事が問題になっているのでわ?
と。

その下痢を出しっぱなしの子を教室から出して追放してしまうか、許してあげて教室に居続けさせるか
(原発なくすなくさないか)は、まずそのブツをどーにかした後の話で、落ち着いてからででもした方がいいと思うんですが。


その下痢もすごい量だし、まだまだどんどん垂れ流してるんだから、今って本体やブツをどーにかしなきゃいけない、一刻を争う時期なんだと思うんですが…(´・ω・`)

投稿: うさ | 2011/03/26 00:52

連カキコ失礼いたします。

13歳の子のブログ見てきたんですが。


その意見に、賛成反対、たくさんの※ありましたね。
きっと、どれも間違いではないんでしょう。
みんな、それぞれがそれなりに頑張ってきたり、お勉強してきたり、信じるもに基づいての意見なのでしょうから。

1+1=2みたいに明確に答えが決まっていても、1+1=2じゃないっていう考え方もあるようですし。

まして、まだまだ未知の部分もある放射線やら原子力のぉ話。
いろんな意見あるの、当たり前なんですよね。


だから、私は
「その意見はナイだろう」
「それはバカだろう」
とは考えず、できるだけどんな意見も頭の片隅におくつもりで、耳は傾けていきたいと思いました。

自分の中に、絶対譲れないものがしっかりしていれば

どんな意見も、どんな情報も、どれだけ注ぎこまれようとも。

糧にはなっても、害にはならない。


…そんな風に感じたブログでした。


ただ、やっぱり現実的にはなにもできない、知識もさほど持ち合わせていない私には

祈るしかできませんけどね。


どうか、なんでもない普通の日常が、早くみんなのもとに戻りますように…shine

投稿: うさ | 2011/03/26 01:12

わたしも、かわせさんと同じような考えです。立場としては「今ある原発を否定しちゃダメ。たとえあぶなくても今の生活はそれで支えられてるんだから。でもゆくゆくは別のものに置き換えていかなきゃいけないだろうね」といったところ。現状容認派とでも言いましょうか。廃棄物もありますが、まえにあった事故を見て今の段階では実用化するだけの技術がまだ確立してないと思ったからです。だから、かっとなったのもわかる気がします。ただ今回のツイートでは、余裕なくなってるのかな、とちょっと心配になりました。失礼でしたらごめんなさい。でも、すっきりされたようでよかったです。

わたしは仕事ではエンジニアの端くれですが、周囲でも過剰に反応している人が少なくありません。エンジニアですから、何がどういう理由でどのぐらいでどうなるのか、という思考の訓練ができているはずなのですが、領域がちがうとそれも働かなくなるようです。エンジニアでこれだと、そうでない人はどうなんだろうと、ちょっと怖くなります。

話はかわりますが、チェルノブイリで救援活動を続けられている鎌田實先生が今回の事故についてブログでコメント&レポートされています。実際に被曝した人たちを治療を続けてきた人の目で見た今回の事故はニュースとはちがう生々しさがあります( http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/ )。ご参考までに。

投稿: e.mattsan | 2011/03/26 09:49

フランスワ-ルドカップの時、原発大国フランスの現状を見てきました。日本の『事故は絶対起きない』と違いフランスは『事故は起きるもの』の考えです。まず、事故が起きた時の避難シェルタ-があり、平時から風向き、放射線の表示板が広い範囲に設置されていました。事故が起きた時の汚染予想分布図がhpで公開されており、電力会社、政府以外の独立した機関が継続的に普段から放射線を測定して公開することになっています。人は操作操作ミスを起こすという『ヒュ-マンエラ-』の考えが徹底してるので、寝ないで制御室での回復作業をしている日本の状態はフランスでは考えられません。年金、大学教育等の問題で大規模のデモが発生する国民は『しょせん他人事、遠い場所でのできごと』ではなく、日本なら東京近郊、柏に原発を作る覚悟で取り組んでいるということでしょう。

投稿: 情報公開 | 2011/03/26 13:42

>うささん
 
僕も怖いのは怖いのです。
 
ただ、それに自分の無知から来る分が入ってると自覚しないと、無用に自分を傷つけたり、不安を煽る言葉を撒き散らして他人を傷つけたりすると思うんですよね。
 
早く収まって欲しいですね。
 
>e.mattsanさん
 
余裕がないというか、溜め込んでたという感じです。
 
まさに「そうでない人」な身近な人が、こういう言説に振り回されてしまっているのです。ちゃんと説明してもまた不安の種を吹き込まれて、むしろそれで体調崩さないかが心配です。
 
というわけで、自分の無知と不安を正論ぽいものにすり替えて撒き散らすのはいいかげんにしてくれ、とずっと突っ込みたかったのでした。
 
鎌田先生のブログは落ち着いた口調でいいですね。こういう理性と体験談に裏打ちされた情報が重要だと思います。

投稿: かわせ | 2011/03/26 15:05

>情報公開さん
 
お国柄はありますね。
 
でも絶対安全を欲する人がこれだけいる国で、そのスタンスは取れないでしょうねえ。
 
やっぱりこつこつ撤廃……。

投稿: かわせ | 2011/03/26 19:33

自分の力でどうにもならない苦境を前に気持ちを我慢していると、その気持ちを素直に表明している人になぜか刃を向けてしまう。ま、八つあたりというものです。
段階的になくすことと、一気になくすこと、それぞれの主張するところは同じ、できる限り被害を減らしたい。同じなのです。しかしこの国を牛耳っている人の力と数、雰囲気的に見てどちらも実現が難しそうな風向きで、そうすると、「一気に無くす」という考え、発言にことさら過剰反応し、批判的に接することで、なんだか自分が冷静さを保っているかのような錯覚ができ、つかのまの平安を得るのです。

投稿: 天秤 | 2011/07/06 15:37

通りすがりのものです。
一言だけ、自然放射能と人工の放射能を比較するのは少し違うような・・・

自然放射能プラス、医療におけるレントゲンもプラス、そして今度の福島原発の放射能のプラスだと思います。

だから今回の外部も内部も被曝は少しでも0に近いほうが良いと思います。
とくに子供はね。

投稿: おっさん | 2011/07/08 18:37

なんか書こうと思ったけど、書いちゃ消しで長くなってきたので、そのうち別記事で。

投稿: かわせ | 2011/07/08 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/51216481

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発と反・反原発:

« セ・リーグ開幕日 | トップページ | 電力疎開 »