« ファントム | トップページ | 未知の地平線 »

2011/02/16

NOAH1/29 殻を破る日

2011.1.29NOAH後楽園ホール大会。

KENTAのDIS OBEY入りにびっくりです。

メインのGHCJr選手権、王者鈴木鼓太郎vs挑戦者エディ・エドワーズは大熱戦。全体的には先手を取った挑戦者優勢だったけど、最後の鼓太郎さんのタイガー・ドライバーはとても高くて、威力十分の逆転の一撃。惚れ惚れします。

試合後の平柳君の挑戦表明は、一度突っぱねられたらあっさり身を引き、ネタなのかなと思わせておいてもう一度急襲するという、意外な展開。どうなるのかなー。

そして本日の一番は、第五試合、森嶋&谷口vs佐々木&中嶋です。

みんなの期待を一身に受ける谷口君が、最近あともうちょっとという試合を展開していますが、この日はそのあともうちょっとの質が違うと感じさせました。

秋山さんが以前の解説で、例えば打撃戦になった時に目先を変えて主導権を握るパターンがあれば、というようなことを言っていて。

でも、不器用なタイプの人にはそれが難しいよねーと思いながら聞いてたんですが。

なんか力づくで行きそうな感じが!

エルボーの当りが強烈になって、その打撃音に会場がどよめいてた。

力づくで打ち勝つんじゃないだろか。

他にも担いで叩きつける系の技が増え、それがたいそうな威力だったり。

スリーパーでぐったりさせてから投げるパターンはあったけれど、スリーパーのまま腕を組み替えることなくそのままぶっこ抜いて投げる、すんごい荒業を披露したり。

最後は負けちゃったんだけど、勝った健介さんにも余裕がないように見えました。

今までのあとちょっとは、「もうちょっとなのにもどかしい」という感じがあったんだけど、それが「もうちょっとで来るぞ!」というわくわくする期待感に。

卵の中から殻を破ろうとこつこつ音がする段階から、殻にひび入ってくちばし見えた! というところへ。いつ殻を破るかなー。すごい楽しみ!

|

« ファントム | トップページ | 未知の地平線 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/50868003

この記事へのトラックバック一覧です: NOAH1/29 殻を破る日:

« ファントム | トップページ | 未知の地平線 »