« 今週の雑感記 謎の鳴き声 | トップページ | vsサウジアラビア 完勝!! »

2011/01/17

リアル 10

ひたすら背景描き中ー。

本日感想を上げるこちらは去年末に購入。何度も読みふけってしまい、作業が遅れた、悪魔の書。

だってホントに面白いんだもん。

○ リアル 10 (井上雄彦 集英社)

自分の向かう先が見えずに苦しんでいた高橋は、野宮と会った夜、一度会った車椅子姿の戸川の事を思い出す。バスケットボール。たった一つ、本気で打ち込んだもの。

一方野宮は、東京ライトニングスのトライアウトに向け、着々と準備を進めていた。常識では無謀と、本人でさえ自覚するこの挑戦の行く末は……?

この巻の最後が60話目なのですが。

60話かけて、ばらばらだった三人の道が、どんどんバスケ一本になっていくんだよ!! すごいよ!!

タイガースって、一点の選手の替えがきかなくて困ってるんだよね。一緒にやることになったりするのかなー。どうなんだろう。

これだけじっくりと下地を作った漫画は、今までなかったと思うのです。ゆったりとしたペースで、地道なことをしながら、でも先々に大きな山場を予感させる。

ホント面白い。めっちゃ楽しみ!!

|

« 今週の雑感記 謎の鳴き声 | トップページ | vsサウジアラビア 完勝!! »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/50348349

この記事へのトラックバック一覧です: リアル 10:

« 今週の雑感記 謎の鳴き声 | トップページ | vsサウジアラビア 完勝!! »