« 移籍あれこれと2010年のレイソル | トップページ | あけましておめでとうございます »

2010/12/31

2010年のかわせひろし

今日の記事書こうとして衝撃!

元旦に書いた今年の目標を確認したところ、今年は全滅だった!(^^;;)

今年の正月にやっていた企画、あれは結局上手く行かずに途中で保留。「ケッタ・ゴール!」は動くとしても来年。「Spring8」はまだ描いてる。

そして1月から打ち合わせに行ってますが、2010年はネーム原作で仕事取れないかなーと奮闘した年でした。

しかし、結局上手く行かずに、「卵が先か、鶏が先か」的ジレンマがあることに気づきました。

お話作る人が別になって、その分コストがかかるんだから、人と違うことが出来るとアピールしないといけないけれど、ネタでアピールするならともかく、話運びとかで外すと事前の評価をしづらいよねとか。

漫画の面白さって、絵の雰囲気作りも含めた細かい所が担っていると思ってて、僕はそういう方面目指してるんだけど、そもそも原作ということは製作途中なのに、それをどうやってアピールするのとか。

無名の原作って使いづらいけれど、じゃあ何かで名を馳せるとして、でもそしたらすでにそっちで飯食えてるはずだよなとか。

なかなか難しいですねえ。

というわけで、保留とか年明けたらとかボツになったとか、完遂したのが一つもなかったー……。来年はもうちょっと何とかしたいです。

さて漫画全体に視点を移すと、出版業界の苦境がますます鮮明になった年でした。いろいろ数字に出ています。

それに。

以前なら大目に見られていたもの、例えば作品のゆとりとか狙いの緩さとかが、すっかり許されなくなってるなあと、そういう肌感覚がありました。自分の打ち合わせとか、周りの人たちの様子とか。

実際の所そういう部分って確かに即効性を薄めるんだけど、それが新たな地平を生む時もあるわけで、大切にしないとと思うんですけど。これで都条例でさらに萎縮するようなことがあったら、がたんとくるかもしれませんね。

もう一つ、2010年はiPadの日本上陸により、電子書籍がクローズアップされた年でもありました。

しかしこちらはまだ、明確なビジネスモデルが立ち上がっていません。

以前は雑誌連載→単行本しか道がなく、要は目の前の担当さんを突破して、連載取って人気出ればいいという、一本のレールが敷かれていたわけですが。

そのレールもまだあるし、別のレールもあるし、さらに別のレールも敷かれようとしていて、そしてどれもが終着点がどうなっているのかよく見えない。

ここを走っておきさえすればいいという、用意されたレールがなくなってしまった以上、自分で考えて走るしかありません。

でもね、こっちはあまり苦じゃないのです。

楽じゃないと思うけど、苦じゃないの。

何か起きるかもしれないという希望があるからです。自分次第でどうにでもなるわけだから、困難にも前向きに立ち向かえる。

すごくニッチでローカルな漫画ってどうだろうとか、逆にグローバルな漫画はどうだろうとか、考えてるとわくわくします。

いろいろやってみようと思います。

|

« 移籍あれこれと2010年のレイソル | トップページ | あけましておめでとうございます »

日記・つぶやき2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/50376962

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年のかわせひろし:

« 移籍あれこれと2010年のレイソル | トップページ | あけましておめでとうございます »