« NOAH12/23,24 涙の初戴冠 | トップページ | 2010年のかわせひろし »

2010/12/30

移籍あれこれと2010年のレイソル

まずは本日発表の移籍情報から。

古賀さんとミノル君は磐田へ。

近藤君のブログ見て、「もしかして古賀さん帰ってくるのかな」とぬか喜びした分、ダメージでかい……。

まあ、あれだけ活躍したら向こうが手放さないであろうとは、シーズン中から思っていたので。

来年当たったら負けないよ!

比嘉君は秋田へ。

JFLに武者修行です。

レンタルで出した選手が帰ってくる率が非常に低いという現実がありますが、僕はあくまで武者修行だと言い張ります。若い選手には試合経験が必要です。

比嘉君は二種登録したほどの素材なんだから伸びてくれないと。がんばれー!

さて、年の瀬も押し迫ってきましたので、2010年のレイソル回顧を。

今年はここ何年かで、一番心安らかなシーズンでした。

降格したけど戦力流出はほとんどなく、きっちり勝ち続け、昇格を決め、J2優勝も決め。ポゼッションも磨いて新戦力も育ち。言うことなし。

ただね。

今シーズンは今年だけで完結するシーズンじゃないのです。

来年以降どうなるか、なのです。

以前にも書いたけど、僕は未だに、石崎監督を交代させる必要はなかったと思ってます。

確かに攻撃面では物足りなかったかもしれないけれど、まだそれを問う時期じゃないと思ってた。

そもそもまず、僕が、金がないのに勝てなんて甘いこと言ってちゃいけないだろ、とわりとシビアに考えてる面があるのが一つ。資金力で勝てないのなら、じっくりチームを育てて勝つしかない。

あと、石崎サッカーをきちんと体現するメンバーがまだそろってないと思ってたのがもう一つ。フランサさんが明らかに別のサッカーしてた。プレッシングからショートカウンターサイド攻撃のパターンなんだから、欲しいのはゴール前で飛び込んでくれるFW。

でもフランサさんは大好きだったので、ここはフランサさんのマジックを心ゆくまで堪能し、若手が育つのを待って、そこから勝負だ、と思ってたのです。

つまり今年、フランサさんの代わりにレアンドロさんが来てトップ下に入り、チュンソン君が一列上がってFW、広島での今年のあのブレイクがウチで起きて欲しかったわけで。

見たかったなあ……。

しかし、もうそんなたらればを言ってても、仕方なくて。

カウンター戦術を180度変更してポゼッションと言い出すと大概ひどい目に遭う、という僕の観測がウチにも当てはまってしまって降格して泣いたけど、災い転じて福となすで、ネルシーニョ監督という名将を手に入れることができて。

カウンターを失うことなく、そこにポゼッションも取り入れることに成功、一年みっちり練習できたし。

ホントは下部組織とトップチームが違うサッカーしてると育成効率悪いから、こっちの方がいいわけで。

だから、これをきちんと定着させることが出来るかどうかが、大切なのです。このチームを大きく育てられるかどうか、真価は、来年以降問われることになるのです。

前回昇格した2007年のサポカンで、「24歳以下の若手を育てて……」とあるんですが、そこで上げられているメンバー見ると、ほとんど残ってない。試合に出られなくていなくなってるんじゃなくて、その年試合に出てた人もほとんどいなくなっています。

長期的強化という点では、ホントに失敗した。今度こそ芯のしっかりしたチームに育てて欲しいです。

長期的強化も大切なんだけど、それにしてもCBはどうなるのかなー。

|

« NOAH12/23,24 涙の初戴冠 | トップページ | 2010年のかわせひろし »

レイソル2010 昇格へそして未来へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/50376946

この記事へのトラックバック一覧です: 移籍あれこれと2010年のレイソル:

« NOAH12/23,24 涙の初戴冠 | トップページ | 2010年のかわせひろし »