« vs岡山 ホーム最終戦 | トップページ | 飲んできました »

2010/11/30

宇宙船ガリレオ号

この間の仕事の行き帰りで読んだのが、「夏への扉」と「宇宙船ガリレオ号」。

「夏への扉」は以前感想書いたので(ちょこっと追記)、今日は「宇宙船ガリレオ号」の感想を。

○ 宇宙船ガリレオ号 (ロバート・A・ハインライン 訳・山田順子 創元SF文庫)

ロス、アート、モーリーの三人の高校生、物理部ガリレオクラブのメンバーは、町の外れの空き地で、自作ロケットの実験をしていた。実験は順調そうに見えたが、残念ながら失敗。ロケットは爆発してしまう。

その時、立ち入り禁止のはずの実験場に入り込んだ男性が怪我をした。彼はアートのおじさんで、世界的な原子物理学者ドナルド・カーグレーブス博士。博士は三人の腕を見込んで、いっしょにロケットを作り、世界初の月旅行へ行かないかと誘う……。

これは未読で、今回初めて読んだんですけれど、それで強く自覚できたことがあります。僕が何でSF好きになったのか。

この作品はハインライン初の長編。1947年の作品です。もう60年以上前ですから、古典文学と言ってもいいぐらい。

SFはその時の科学的知見を元に書かれるので、当然そういう所はすごく古くなってしまいます。実現した物もあるし、そうならなかった物もあるし、とっくに通り過ぎてる物もあるし。そうすると、その部分を読んでわくわくする未来感というものは、もう失われてしまっている。

でも読んだら、面白かったのです。

子供の時に読んだ作品なら、懐かしさ補正が入っているかもしれませんが、これは初めて。古くなっても関係ない何かに、僕は反応している。

僕はSFに、どきどきわくわくする冒険を求めているのだ、と思い至りました。

子供の時に、見たことない世界で起きる冒険が楽しくて、SFを読むようになったのです。なので、そのままの感覚で、この作品も楽しめました。

初めての月世界行。まだ見ぬ世界。ちらほらと現れる、それを阻止しようとする謎の存在。そしてその意外な正体。

わくわく。三つ子の魂百までも。

好きな物を徹底しようと思ってて、その感覚を確かめるために、ハインラインのジュブナイルのシリーズを読んでみようと思い立ったのですが、最初の作品から有意義な発見があってよかったです(^^)/

|

« vs岡山 ホーム最終戦 | トップページ | 飲んできました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/50143474

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙船ガリレオ号:

« vs岡山 ホーム最終戦 | トップページ | 飲んできました »