« TMvs栃木 逆スコア | トップページ | 続々デビュー »

2010/11/03

2009年度決算

今回の仕事大変。

用意しようと思っていた記事を書くひまがないので、本日はニュースから。

出版大手10社中8社が減収に 「出版・取次・書店総倒れ」 帝国データバンク調査

帝国データバンクによると、出版社の09年度決算では、大手10社のうち8社が減収に。講談社、小学館は2期連続で最終赤字に陥り、文藝春秋も赤字に転落。

帝国データバンクが11月1日まとめた出版業界の2009年度決算調査によると、出版社の売上高上位10社のうち、8社が減収だった。出版、取次、書店の3業種とも、2期連続減収の企業が2期連続増収の企業を上回っている状態で、「出版業界総倒れの様相を呈している」という。

売上高が1000億円を超える集英社、講談社、小学館のトップ3はそろって減収。3社の減収は2期連続だった。講談社、小学館と光文社は2期連続で最終赤字に陥っており、文藝春秋も最終赤字に転落した。一方、女性向け雑誌などが好調な宝島社は上位10社の中で唯一、2期連続で増収・最終黒字だった。

調査した620社のうち、2期連続で減収だったのは249社と40.2%を占めていた。一方で、2期連続で増収だった出版社も106社(17.1%)あった。減収傾向の一方で、赤字が続いている出版社は少なく、2期連続黒字を計上したのは400社と64.5%を占めた。不採算部門の撤退やリストラ、不動産売却などで赤字を回避する出版社が多いという。

書店は上位10社のうち、ジュンク堂書店など5社が2期連続の増収に。紀伊国屋書店、丸善、有隣堂のトップ3社は減収だったのに対し、準大手クラスが健闘している。書店業界では2期連続増収だった企業の割合が多かったが、その一方で2期連続減収の企業の割合も多く、二極化が進んでいる。

取次では大手の日本出版販売、トーハンがそろって2期連続の減収だった。ただ、7割近くの業者が2期連続の最終黒字となっており、「出版業界の中では、出版取次業者が最も利益を確保できる業種と言える」としている。

ITmedia News 10/11/1

出版不況進行中。

好調の宝島社についてのドキュメンタリーを以前見ましたが、ファッション誌の話だったので、自分とは畑違いだなーと思うのです。漫画家はファッションにおいてはデザイナーのポジションだから。閃きから物を作る人。

なので、リストラとか、事業の効率化とか、マーケティングがどうしたとか、そういう話はおいといて。

書き手として感じる問題は、単純に、売れてないんだなーというところ。

ネットの発達で、時間潰し需要とか情報流通の部分とかが影響受けるのは、仕方ないと思うんですよね。ライバル増えたんだから、パイの食い合いは当然起きる。

その中でじゃあどうしようかと考えてみれば。

選んでもらえる物を描こうというのがいつもの結論。人と違う物。自分が描かないと提供されない物。

そういうのを、どこで、どうだすかが思案のしどころですねー。

|

« TMvs栃木 逆スコア | トップページ | 続々デビュー »

日記・つぶやき2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/49916483

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年度決算:

« TMvs栃木 逆スコア | トップページ | 続々デビュー »