« vs鳥栖 逃げ切れず | トップページ | 陰陽ノ京 月風譚 弐 雪逢の狼 »

2010/11/22

シェルクンチク 第51楽章 オモチャの人形行進曲

大忙し。

そのわけはこちら。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 第51楽章 オモチャの人形行進曲 (渡辺道明 ヤングガンガン)

今回の僕の思い入れのある一コマ。

51

冒頭二ページ目、状況を整理して見せる大ゴマ。

いつもだと、もっと話のキーポイントになるようないいシーンを取り上げてるのですが、今回このコマを選んだわけは。

前回の仕事終わりの日記で、大波乱が、と書きましたが、それがよく現れているからです。

まず最初に十数点のカットの指示をもらい。

下書き終わったところで、ネームの大直しが発生。

少なくとも半分は使わないから、ペン入れしなくていいと言われ。

さらに最終的には、ペン入れしたうち、2点しか使われなかったのです! 大手術ですよ。

その使われたうちの1点がこちらです。もう1点は隣で斬られちゃってる兵隊さん。

あのタイミングで直しをするというのは、結構な緊急事態でしたが、何とか乗り切れてよかった。

しかし、そこで余裕を食いつぶした分が、確実に今回に押し寄せているのです。

うひゃあ――――(+o+)

|

« vs鳥栖 逃げ切れず | トップページ | 陰陽ノ京 月風譚 弐 雪逢の狼 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/50072372

この記事へのトラックバック一覧です: シェルクンチク 第51楽章 オモチャの人形行進曲:

« vs鳥栖 逃げ切れず | トップページ | 陰陽ノ京 月風譚 弐 雪逢の狼 »