« サッカーあれこれ 千葉vs栃木と栃木戦展望 | トップページ | シェルクンチク 第49楽章 シェルとハーモニーの狂詩曲Ⅰ »

2010/10/02

今週の雑感記 路線変更

涼しい通り越して寒い。先週前半はまだ暑かったと思うんだけど、何この急変ぶり。作業机が年中出しっぱなしのコタツなので、スイッチ入れちゃおうかと考えてるところ。

この異常気象が温暖化の影響だと考えると、これからもっとすごくなる予想。となると、代替エネルギー開発が焦点になる予想。僕の希望は自然エネルギー。それと、漁業資源が枯渇しそうなことがあいまって、二十年ぐらいしたら、尖閣諸島の問題は自然消滅するのではないかという大胆予想。

10/9/27

僕は発想がSFっぽくポーンと未来へ飛んでしまうことがあります。そんな予想。一応根拠はあるんですよ。そこがSF(サイエンス・フィクション)。

海底の石油とか天然ガスとかメタンハイドレートとかが欲しいので、領土問題になってますが。二酸化炭素削減は上手く行ってないので、温暖化はますます進み、異常気象が頻発するでしょう。そのうちそんな温暖化ガスを出すエネルギーはもう使えないというぐらいになれば、ただの離れ小島。

代替エネルギーは原子力より自然エネルギー希望です。日本の地熱エネルギーは、火山国だけにすごいらしいじゃないですか。そういうのがいいな。

漁業も「イノチのタイカ」を描いた時に調べたんですが、もう持続利用可能な漁獲量を超えているので、そのうち養殖が普通になるのでは。そして生産者の努力で、養殖魚の方がおいしくなるのでは。エース種牛ならぬ、エース種マグロとか。

あとは海洋覇権。どうなりますかねえ。

ナベ先生と仕事の電話。ちょっとそれて、別の話に。ナベ先生は「カスタード君、スフォルツェンドへ来るの巻」を思いついたそうだ。楽しそう。10/9/29

RTされてたのでちゃんと説明。「カスタード君、スフォルツェンドへ来るの巻」補足、その一。楽しい学園物イベントを余りやらないうちに物語が進んでしまったことを悲しむナベ先生が、モブに紛れているカスタード君達で脳内補完していたら、ちゃんとした冒頭からのプロットが出来た、という話です。

「カスタード君、スフォルツェンドへ来るの巻」補足、その二。現在仕事の電子化模索中なので、慣れるための習作を兼ねて描きたいそうです。ただ、仕事の合間をぬう亀の歩みで、どうなるか分かりません。気長にお待ちください。10/9/30

ぽろっとつぶやいたらすかさず反応が。カスタード君たち、愛されてるなあ。

電子書籍の波が結構身近な所まで来ていて、それ用の仕事って出来ないかと模索していたり。

作業のデジタル化を模索してるけど、ぶっつけ本番はあれなので練習が必要だったり。

描きたい学園エピソードが死蔵しそうになってたり。

そんな問題を一気に解決する、一石三鳥のアイディアです。

後は作業時間が取れるかどうか。そこが壁(^^;;) ナベ先生、がんばって!

さて、僕の方はと言いますと。

風呂上り休憩ー。風呂でネタ出し。敵組織がフツーに悪そうなイメージだったけど、テーマを考えたらそうじゃないなと。別の怖さを出さねばならぬ。参考になるものはなんだろうと、しばし考えてた。10/9/27

走りながら考えてたこと。敵の組織をよくある感じにしないのはいいとして、どうやって緊張感出すか、アイディアがいる。あと、仮でつけてある名前を、ちゃんと意味のある名前にしないと。10/9/28

おはようございます。昨日までの進み具合と、来月の予定を考えた結果、ちょいと路線変更せねばならぬようです。10/9/29

僕も同人誌兼電子書籍用の弾として、どんどん描くぞと張り切ってましたが。

10月にネーム一本プロット一本の締め切りがあり。当然そっちが優先なので。

原稿描きながらネタ出ししてましたが、いったん原稿止めてネーム作業しないと。

すると、今描いてる長いのは、どうも間に合わない雰囲気(+_+)

短いのに切り替えます。

○ 今週の絵

ペン入れ途中でストップ。

Spring8_12_2

|

« サッカーあれこれ 千葉vs栃木と栃木戦展望 | トップページ | シェルクンチク 第49楽章 シェルとハーモニーの狂詩曲Ⅰ »

日記・つぶやき2010」カテゴリの記事

コメント

学園イベント、確かにやって欲しかったです。
でも、カスタードくん知らない読者の方が多いと思いますし、シェルクンチクのキャラクターにも愛着があります。だから学園イベントやるならハーメルンキャラでしょう。
カスタードくん未読(古本屋を回っても見つかりませんでした)の私にはカスタードくんの魅力ははっきり言って全くわかりませんし(オマケ漫画で、なんでこいつら出刃ってんの?とすら思いました。)、シェルクンチクの世界でやるならシェルクンチクのキャラが学園イベントをこなして行くべきだと思います。
学園イベントを描きたいなら、今の体たらくを早々にどうにかして、学園物に再シフトした方がいいと思います。
難しいのはよくわかりますが、今作の主軸は、「主人公が大魔法使いになる」というものですよね?(違っていたらすいません)あながち最初の目標とも変わっていません。
カスタードくんなんて知らないキャラを作者のキャラ萌えだけで描かれても正直読みたいとは思いません。でしたらシェル達に学園イベントを消化して、シェルが大魔法使いになるまでの方がよっぽど読みたいです。

色々勝手に言わせてもらってしまいましたが、こんな考え方のファンもいると思って頂ければと思います。

投稿: みゆき | 2010/10/02 03:58

内情をお伝えしてないのに、結論だけ聞かされても困りますよね。ごめんなさい。
僕も連載しましたけど、世間で思われているほど、漫画は作者の思い通りに描けるわけではなく。
描きたくても描けない物が出てくるので。
思い通りに描きたいねえと、そういう文脈でこぼれた話なので、反応してくれた方がいたのが嬉しかったのです。すいません。

投稿: かわせ | 2010/10/02 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/49582250

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 路線変更:

» 地球温暖化の原因の嘘ウソと環境問題の真実 [地球温暖化の原因の嘘ウソと環境問題の真実]
地球温暖化の原因の嘘ウソと環境問題の真実の情報です。 [続きを読む]

受信: 2010/10/04 12:00

« サッカーあれこれ 千葉vs栃木と栃木戦展望 | トップページ | シェルクンチク 第49楽章 シェルとハーモニーの狂詩曲Ⅰ »