« 今週の雑感記 空き家 | トップページ | サッカーあれこれ 初お立ち台 »

2010/09/19

シェルクンチク 第48楽章 学校への帰還Ⅱ

この回は大ピンチでしたよ。僕が。

疲れがたまっていたようで、そいつが決壊。どっと熱が出て寝込み、仕事が遅れ、梅木君に泣きついて、助けてもらったのです。

そんなピンチの中描かれたこの回、紹介するのは最後のページとどちらにするか考えたけど、こちら。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 第48楽章 学校への帰還Ⅱ (渡辺道明 ヤングガンガン)

48

ピチカー島から帰ってきて、事情を整理する回。そういう回はともすれば、単調な会話劇になりがちです。それを回避すべくナベ先生は知恵を絞っていました。ただしゃべるだけにならないように、説明以上の意味を持たせるように。

その会話の中にこっそり張られた伏線。

事件の核心にものすごく近づいた瞬間ですが、クラーリィはまさかシェルの幼馴染とは知らず、シェルはまさかハーモニーとは知らず。読者だけがああっと気付いてやきもきする仕掛け。

三巻でハーモニーが登場してから、じわりじわりと進んできた事態が、また一歩。

|

« 今週の雑感記 空き家 | トップページ | サッカーあれこれ 初お立ち台 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/49488466

この記事へのトラックバック一覧です: シェルクンチク 第48楽章 学校への帰還Ⅱ:

« 今週の雑感記 空き家 | トップページ | サッカーあれこれ 初お立ち台 »