« まんがあれこれ ナルミさん愛してる | トップページ | 救世主現る »

2010/07/13

南アW杯決勝と日本の今後

南アフリカW杯は、スペインの初優勝で幕を閉じました。

世界一を決める試合は、かなり選手が入れ込んで激しい戦いに。特にオランダ。黄紙はたくさん出るし、赤紙一発退場じゃないのというプレーもあったし。延長で退場一人でよくすんだなあ。

でもそれだけ気合の入った球際の厳しさで、オランダはスペインのパスサッカーをきわどいところで寸断。ポゼッションはスペインでしたが、支配権まで譲り渡したわけではなく、双方に大きなチャンスが。

それをぎりぎりのところで防いだ双方のGKも、さすが決勝戦にふさわしいレベル。

手に汗握る攻防は、延長後半、スペインらしいパス交換からイエニスタが決勝点。無敵艦隊と言われながら、W杯では沈没続きだったスペインが、欧州選手権に続き頂点を極めたのでした。

今回は日本もがんばったし、波乱があったり大躍進があったり、なかなか楽しいW杯でした。

さて。

スペインの優勝は、日本にも朗報。

欧州勢としては小柄なスペイン。その不利を、高い技術を身につけ、パスサッカーを磨いて身体接触を避けるという戦術で克服。

これは日本のお手本となるところです。

そんなスペインを見ながら、これから日本が身につけなきゃいけないことは何かなーと考えると。

まず一番目立つプレーは、縦への楔のパスのところではないでしょうか。

ボールを回している間に、ふっとバイタルエリアでフリーになっているポジショニングの妙。

そこに入るパスの正確さと強さ。

かなり強いパスでも、もしかして弾まないボールなのかなと錯覚させるぐらい、ぴたっと収めるボールコントロール。

さらに、隙あらばすぐにゴールへと向いて勝負を仕掛ける。

ただポゼッションしているだけではなくて、縦にズバッと入れて相手の急所を突くので、攻撃に推進力があります。この辺はまだまだ差がありますね。技術で世界と勝負するなら、あれぐらいできる選手を育てないと。

さらに、ゴール前での決定力。きちんと決めきれる落ち着きと技術を持ち、そしてシュート機会を見逃さない勝負強い選手が育ってこないと、パスサッカーがシュートで完結しません。

守備は、持ち前の勤勉さと運動量で何とか頑張れると分かったのが収穫。できれば球際強くなってもっと前でボール取れるようにして。

そこからの攻撃をどんどんレベルアップしたいですねー。

W杯が終わったら、そういうことができる選手が出てくるように、さあJリーグで応援しましょう、と気持ちの切り替え。

工藤君とか茨田君とか山ちゃんとか、怪我から帰ってきて欲しい大津君とか、うちの若手がそういう風に育って欲しい。次はロンドン五輪だよー!

|

« まんがあれこれ ナルミさん愛してる | トップページ | 救世主現る »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48860632

この記事へのトラックバック一覧です: 南アW杯決勝と日本の今後:

» 【2010FIFAワールドカップ南アフリカ】 オランダ vs スペイン [いとちゃん徒然草]
サッカーW杯、スペイン初優勝!!! 延長後半11分、イエローカード2枚で10人となったオランダに対し、 スペインのイニエスタが決勝ゴールを決めました 本当はオランダのCKになるはずだった直前のプレーがスペインのGK判定となり、 ピッチが騒然としていた中での決勝ゴール、オランダはさぞかし悔しいでしょう しかしゲーム全体を支配していたのは、 スペインの美しいパスサッカーだったのは紛れも無い事実 ここは素直にスペインの優勝を祝いたいですね さぁ、寝不足のまま会社に向かいましょう・・・... [続きを読む]

受信: 2010/07/14 01:29

» u-17欧州選手権 [サンキャッチャーは綺麗]
 【送料無料】 DVD/サッカー/EURO2008プレビュー ザ・スターズ 欧州選手権オー..... ジェネオン エンタテインメント EURO2008プレビュー Vol.2 欧州選手権オースト..... ミュラー5点目!ドイツ 多国籍の力で3位に 2010711 笑顔を見せたミュラーをはじめ、平均24・96歳でW杯ドイツ代表史上2番目に若いチームは、新育成システムから生まれた。00年欧州選手権1次リーグ最下位という惨敗を受け、フラン... [続きを読む]

受信: 2010/07/16 05:41

« まんがあれこれ ナルミさん愛してる | トップページ | 救世主現る »