« ブブゼラでデモ | トップページ | まんがあれこれ サンデー3000号とゲゲゲの女房 »

2010/07/17

今週の雑感記 電子書籍で儲ける?

編集家、竹熊健太郎さんのブログに「電子出版ははたして儲かるのか?」というエントリーがありました。

要約すると、そう簡単には儲からないであろう、ということなんですが。

僕もそう思います。

電子書籍についてだいぶ前から考えてきましたが、わりと早い段階で、収支シュミレーションすると厳しいな、と気付いて。

例えば個人出版の形にすると、経費がぎりぎりまで抑えられますが。

個人ではプロモーション力がなく、部数を稼ぐのが大変。

従来通り出版社を通した場合、原稿料が出れば作家は助かりますが。

その分高コストになるので採算ラインの部数が結構多くて、現状より良くなるとは必ずしも言えない。

可能性があるとしたら、本を出したら各所で取り上げてもらえるような、すでに自分の名前でプロモーションできる売れっ子著名作家が自分で出版した時ぐらいじゃないでしょうか。村上龍さんが出しましたね。

ですがこれは、書き手からしたらほんとに一部の人です。特に漫画は雑誌連載の原稿料が制作費になってるから、よりハードルが高く。僕のようなその他大勢の人には無理な話。

結局、昔より時間潰しできる手軽な娯楽が増えているので、それとの競争になってる分、大変なのは変わんないよな、という結論なのです。ばら色の未来は来ないよ。

ですが、僕は電子出版に希望を持っていて。

それは選択肢を増やしてくれるからです。

今までは出版社を通して発表するしか手がなかった。その場合、関わる人もたくさんいるので、当然その分たくさん売れないといけません。

「10万部は出ないと潤わない」と言われちゃうわけです。

10万人のお客さんを掴むのは大変です。となるとだんだん人気取りに汲々としてきます。受ける設定、受ける絵柄、受けるキャラ、受けるネタ……。

気がつけば最初描きたかったものとはかけ離れていく。創作の喜びはどこへ。

そういう中で苦しんで、擦り切れちゃう作家も出てきます。

特に、僕が持って行ってるような少年誌とか児童誌とかでは、少子化が進んだせいか、どんどん圧力が高まって窮屈になっているような気がします。

ですがここで、電子書籍で容易に個人出版できるようになれば。

受けを狙わず描きたいものを追求したら、当然世間のニーズとはずれる可能性が高いでしょう。さらに個人ではプロモーションが大変で、なかなか部数は増えないでしょう。

でも創作の喜びがあります。そのための苦労にはむしろやりがいを感じます。

今まででも同人誌であれば好きなように描けましたが、流通の問題があって気軽に買える物じゃなかった。どうしても仕事とは別物だった。それを同じ土俵の選択肢にできるのです。

例えば売れっ子作家さんが、仕事を二本引き受けるなら、それより片方は個人出版で、という選択もできます。

人気が出て、それで別の仕事が来る場合、どうしても売れてるやつと同じような物を期待されます。そこでネタ被りするとアイディアを一気に消費してしまい、両方駄目になるケースがありますが、それを防げる。作家としての新たなチャレンジもできる。

ボツが出て、どんどん捨てアイディアが出ちゃうけど、もったいないので描きたい場合にも使えます。

ナベ先生は現在、ストーリー展開上もう諦めなければいけないネタをたくさん抱えていて(主にギャグ)、時間があったらそれを描きたいと言っています。

「描きたいのに描けない」は、作家にとってものすごいフラストレーションですが、形を変えるなりなんなりしてそれができるとなれば、すっと軽減します。それを語っているときのナベ先生は楽しそうです。

僕の、「どこにも載らないだろ、これ」というアイディアも救えます。

僕は小さい子ががんばる、かわいい話を描くのが結構好きなのですが。

人気を取ることを考えると、主人公と読者層の年齢が合っている方が有利です。すると上の年齢層の雑誌はだめで、「コロコロ」か「ちゃお」かという選択肢になっちゃう。どちらにも合いそうになくて、大幅改変するはめになるのは必至。

小さい子ががんばる話を好きな大人、もしくはお兄さんお姉さん、というのはなかなかニッチな読者層で大変だと思うけど、売れないのをはなから覚悟すれば、そのまま描ける。

というように、いろんな可能性が出てきます。従来通り出版社とのお付き合いだけで稼いでもいいし、逆に孤高の道を突っ走ってもいいし、その間で組み合わせてもいいし。

その人の個性が一番生かせる方法を模索できる。それが一番ありがたい変化だなあと思うのです。

○ 今週の絵

小さい子ががんばる話、といえば僕にとっては「ケッタ・ゴール!」です。連載時、すでにはみだし気味でした(^^;;)

30話の表紙に色塗ったけど、そこで仕事が来たので、今週はここまで。

Ketta30

|

« ブブゼラでデモ | トップページ | まんがあれこれ サンデー3000号とゲゲゲの女房 »

日記・つぶやき2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48860638

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 電子書籍で儲ける?:

« ブブゼラでデモ | トップページ | まんがあれこれ サンデー3000号とゲゲゲの女房 »