« 南アW杯決勝と日本の今後 | トップページ | 吉原さん引退 »

2010/07/14

救世主現る

W杯客が殺到した南アの田舎食堂、救世主が現る

サッカー・ワールドカップ(W杯)観戦のため南アフリカを訪れていた料理店主の71歳の男性が、田舎町でサポーターが殺到してパニックとなっているハンバーガー店を見かね、「助っ人」に入るという出来事があった。

ギリシャ出身で米国在住のコスタス・カンボウロポウロスさんは、12日にルステンブルクで行われた米国―イングランドの試合後にドライブインに立ち寄ったところ、普段なら閑散とした店で、たった1人の従業員を相手に大勢の客が注文を叫んでいた。

レストランを経営して50年というカンボウロポウロスさんはすかさずカウンターの内側に入り、コーヒーを入れるなどして手助け。一緒にいた息子も注文を取ったりごみを片付けたりした。

この予定外の仕事に対する賃金は受け取らなかったが、店主は握手と笑顔、たっぷりのコーヒーを振る舞ったという。

ロイター2010年 06月 15日

あの日アメリカは追いついて引き分け。しかもこんないい事をして、気分のいい一日だったことでしょう。

Hamburgershop

|

« 南アW杯決勝と日本の今後 | トップページ | 吉原さん引退 »

にゅーすdeまんが2010」カテゴリの記事

コメント

ええ話やのう…。

投稿: しば | 2010/07/14 09:41

颯爽とカウンターに入るおじいちゃん、かっこいいよねえ。

投稿: かわせ | 2010/07/14 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48852444

この記事へのトラックバック一覧です: 救世主現る:

« 南アW杯決勝と日本の今後 | トップページ | 吉原さん引退 »