« vs千葉 無敗で折り返し | トップページ | まんがあれこれ シャアが行く! »

2010/07/30

GOSICK Ⅴ ベルゼブブの頭蓋

仕事が来て大忙しなのです。お盆進行なんだけど、遅れ気味……。

でも今週来週を乗り切ると、好きな事出来る週間に。ごろごろ読書もしたいー。

○ GOSICK Ⅴ ベルゼブブの頭蓋 (桜庭一樹 富士見ミステリー文庫)

夏休み最後の日。ヴィクトリカを探す一弥。学園の庭園にも、いつもの図書館てっぺんの植物園にもいない。迷路花壇の奥の家に行ってみると、そこに泣きはらしたセシル先生。遠くの修道院に連れて行かれたという。

しばらくして一弥は、ヴィクトリカの兄のブロワ警部から、ヴィクトリカがすっかり弱ってしまっていると聞く。迎えに行かなくては! 一弥は列車に飛び乗った。行き先は「ベルゼブブの頭蓋」。リトアニアにある怪しげな修道院……。

ずっと伏線として張られていた、ヴィクトリカの素性が前面に出てくる巻です。

見た目はきれいですが、口はめっぽう悪く、頭はいいのですが、人の気持ちを慮ることをしないヴィクトリカ。友達として付き合うには困った子です。でも時折可愛らしいところを見せていました。

そんな強くもあり弱くもあるヴィクトリカでしたが、素性がはっきりすると、ぐぐーっと弱い方に針が振れます。大人の都合で運命に翻弄される、かわいそうなヴィクトリカ。守ってあげなくてはいけません。

そこで立ち上がるのが男の子の役目です。一弥の出番です。囚われの姫を救う少年。考えてみれば王道の構図なんだけど、だから好き。

|

« vs千葉 無敗で折り返し | トップページ | まんがあれこれ シャアが行く! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48769053

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK Ⅴ ベルゼブブの頭蓋:

« vs千葉 無敗で折り返し | トップページ | まんがあれこれ シャアが行く! »