« ブラジルvsポルトガル 他 | トップページ | オランダvsスロバキアとブラジルvsチリ »

2010/06/29

ドイツvsイングランドとアルゼンチンvsメキシコ

決勝トーナメントは一発勝負。負ければ明日のない戦いです。

どのチームもいっそう気合が入っていて、画面からも緊迫感が伝わってきます。

しかしそこにアクシデントが……。

ドイツvsイングランド、4-1。

僕は毎度毎度W杯では、ドイツとイングランドを応援しているのです。一回戦で当たっちゃったよー!

そして起きた世紀の大誤審。同点になるかというランパードのシュートがバーを叩いて落ち、大きくバウンド。ゴールラインを越えていないという判定でしたが、明らかに越えている。

でも大騒ぎになりません。インプレーでそのまま続いたということもありますが、イングランドはもともと、審判に抗議したり痛がって転んだり、そういうプレーを潔いとしないお国柄。むしろそこから燃え上がってさらなる攻勢に。さすがです。

しかし結果は思わぬ大差に。でも1点目から予兆がありました。

イングランドDFは裏に弱かった。1点目はGKからのロングフィード1本、2点目も引き出されてそこに走られずたずたにされたし、3点目、4点目はカウンター。

GKを含めて、守備のメンバーかっちり固められなかったのが、痛かったかもしれません。

アルゼンチンvsメキシコ、3-1。

この日は誤審続きでした。

アルゼンチンの1点目は体二つ分位出てるすんごいオフサイド。先の誤審はもしかしたら、落下地点が選手の影になっていたかもしれませんが、これはお粗末。

しかしテベス、3点目に、文句なしのすんごいシュートを決めます。無理矢理ゴールをこじ開ける強さが魅力です。

アルゼンチンはメッシが活躍のわりに点を取っていませんが、これだけ強力なFWがいて、さらにメッシまで点を取り始めたら、ほんとに優勝が見えてきます。

これで次はドイツvsアルゼンチン。調子もよく、強さを感じさせる2チームの激突。楽しみ。

|

« ブラジルvsポルトガル 他 | トップページ | オランダvsスロバキアとブラジルvsチリ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48737753

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツvsイングランドとアルゼンチンvsメキシコ:

« ブラジルvsポルトガル 他 | トップページ | オランダvsスロバキアとブラジルvsチリ »