« NOAH4/25,29,そして5/2 グローバル・リーグ戦'10決勝 | トップページ | 輪環の魔導師 7 疾風の革命 »

2010/06/24

輪環の魔導師 6 賢人達の見る夢

今回の仕事はいろいろ大変。

○輪環の魔導師 6 賢人達の見る夢 (渡瀬草一郎 電撃文庫)

王都フーリエを魔族から解放したセロたち。王城の復旧に手を貸しつつ、今後の行く先を決める指示を待っていた。

その頃神器に選ばれし五人の賢人たちは、アルカインからの報告を受け取り、今後の方針を思案していた。だが実は、賢人たちの間も、一枚岩ではなくて……。

最初の魔族は分かりやすく悪人だったのですが、その後はそこまでではなくて。なんかいろいろ事情があるみたいだよ、という書き方がされていて。

それがこの巻ではっきりとした形になってきました。

賢人の中に悪そうな人がいて、悪いとされていた魔族が、根は悪くないみたいで。

単純な勧善懲悪ではないぞ、という伏線は多々張られているのですが、これは大変そうだ。

そしてそういう話だと、よくあるパターンでは語られないので、先が読めず。

例えば父親である北天将ルーファスは、全く真意が見えません。息子に過酷な運命を強いているのだから、よい父親とは言えないけれど、柱に縛り付けられさらし者にされた瀕死の反乱軍の兵たちを見て「虫唾が走る」と、正義の心はあるみたい。

彼の行動の動機は何なのか。それはきっと、この世界の謎ともつながっていると思われて。

それが明らかになった時、セロたちはいったいどうするのだろうと。

続きがとても楽しみです(^^)/

あっ、でも次の巻が最新刊だ。読んだら続き待たなきゃいけないのかー。

|

« NOAH4/25,29,そして5/2 グローバル・リーグ戦'10決勝 | トップページ | 輪環の魔導師 7 疾風の革命 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48383205

この記事へのトラックバック一覧です: 輪環の魔導師 6 賢人達の見る夢:

« NOAH4/25,29,そして5/2 グローバル・リーグ戦'10決勝 | トップページ | 輪環の魔導師 7 疾風の革命 »