« カメルーンvsデンマーク 他 | トップページ | 輪環の魔導師 6 賢人達の見る夢 »

2010/06/23

NOAH4/25,29,そして5/2 グローバル・リーグ戦'10決勝

すっかり遅れているNOAHグローバル・リーグ戦'10の感想。最終回でございます。

4/25札幌テイセンホール二日目。

第六試合、GHCジュニア・ヘビー級選手権、金丸vsデリリアス。この前から腰にテーピングを巻いている金丸さん。調子悪そう。

試合序盤は優勢だったんだけど、雪崩式ブレーンバスターを食って腰を強打、動 きが止まり、劣勢に。しかしエプロンでの攻防を制して、垂直落下ブレーンバスター。

変な角度でデリリアス選手が落ちたんでヒヤッとしました。ここから一気に畳み掛けて、金丸さんが逆転勝ち。さすがの貫禄。

第七試合、佐野vsバイソン。

佐野さん、ソバット、フットスタンプで追い込むも、やっぱり顔面ソバットをかわされて、勝ち切れず、逆転負け。

あれだけ一撃必殺だと、警戒されるよなあ。これで佐野さんはリーグ戦全戦終了。一撃必殺へどう追い込むか、課題が残りました。

メインイベント、森嶋vs川田。

NOAHは以前シングルが少なくて、気がついたらあんまりやりあわないうちに、世代交代しちゃってた感じが。川田さんがリーグ戦に出てきて、そういう世代対抗の色が自然と試合に出ます。

森嶋君が、ものすごい強烈なラリアットで川田さんをフォール。きれいに吹っ飛ぶラリアットの方が見た目派手だけど、崩れるように倒れた時の方がダメージはでかい。そんな一発。

4/29仙台産業展示館・アズテックミュージアム。

第六試合、丸藤vs森嶋。

体力差で圧倒されるかと思いきや、途中から左腕一点集中攻撃する丸藤さん。攻めてる箇所は同じだけど、いろんな場所で、いろいろ使いながら多彩な攻撃。

こういうところが好きなのです(^^)/ 粘って30分ドロー。

メインイベント、秋山vs力皇。

力さんのパワーに押し込まれていく秋山さん。フィニッシュホールドの無双に抱えられた時。ぐっと首を取ると、フロントネックロックへ。これで締め落として逆転勝ち。

そういえばフロントネックロックは、NOAH立ち上げのときに披露したのだったとふと思いました。十年経ったんだなあ。磨き上げられた技。

5/2武道館。

そして最終戦を見に行ったのでした。すんごい盛り上がりだったのです。

第二試合、斉藤vs川田。持ち技が似ている二人、真っ向勝負の壮絶な試合に。

ローキック合戦から始まり、スイクルデスとジャンピングハイキックの打ち合い、最後はいつまで続くのかというエルボー乱れ撃ち。

腰を落とした斉藤さんを川田さんが蹴っ飛ばして勝つ。ほんと壮絶。このテンションで第二試合か、と思った時、今日は見る方も体力いるぞ覚悟したのでした。

第三試合、力皇vs佐々木。

この日のリーグ公式戦四試合に出た八人のうち、唯一脱落決定していたのが力皇さん。この試合も負けてしまった。タッグベルトも失ったし、このシリーズはいいところなし……。

しかもこのあと、IWGP挑戦も、怪我で流れて……。ほんとに不運。

第四試合、森嶋vs高山。森嶋君の怪物性は脅威の一言。

会場で見ているとき、ちょうどリングの対角線上だったのです。コーナーに座り込む高山さんをヒッププレスで圧殺したときは、ちょうどこちらに向かって突進してきたのです。あれは人が死ぬ。コーナーポストが曲がって見えたもの。

後でTVで見ても、高山さんのダメージは半端なかった。そして、コーナーからのダイビングギロチン。ギロチンというより、お尻から乗っかったような。あれも人は死ぬ。

なのにそこから逆転した高山さんはすごいです。引き上げる時、ぼろぼろで、振り返ることもなくただ右腕を上げたけど、意地を感じてしびれました。

第五試合、杉浦vs秋山。

花道で吠える秋山さん。大舞台だけど、ガウンも着てこない。むき出しの秋山さんにしびれます。

対抗戦以外で、僕がこれだけ一方的に秋山さんに入れ込んで応援するのは、初めてかもしれません。普段はわりと、どっちもがんばれーという見方なので。でも今日は違うのです。感情移入しまくりなのです。

しかし相手はチャンピオン。強い。負けそう。でも秋山さんは必死だ。それが武道館の隅々に伝わっている。

あとでTVで見直したら、観客席には涙ぐんでいる人もいました。プロレスは人の心をこれだけ打つのです。必死の人の姿は、それだけ力があるのです。

試合はとうとう秋山さんが勝利。僕も泣きそうでした。

しかしこの時点で、まだ半分。この大会はほんとに濃かった。この時点で燃え尽きてぐんにゃり。

そして迎えたメインイベント、優勝決定戦、秋山vs高山。

応援疲れで燃え尽きていた僕は、間に挟まれた三試合で何とか回復に努めたのでした。

当然ながら、選手はもっと大変。双方ぼろぼろのところから、さらに死力を振り絞る攻防。

最後の高山さんのエベレスト・ジャーマンはすごい高角度。最高級の一発。

こうして高山さんの初優勝で幕を閉じたリーグ戦。すごい面白かったです。

これからも継続されるそうなので、次回も楽しみです!(^^)/

|

« カメルーンvsデンマーク 他 | トップページ | 輪環の魔導師 6 賢人達の見る夢 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48518395

この記事へのトラックバック一覧です: NOAH4/25,29,そして5/2 グローバル・リーグ戦'10決勝:

« カメルーンvsデンマーク 他 | トップページ | 輪環の魔導師 6 賢人達の見る夢 »