« まんがあれこれ 運命の星交響曲Ⅱ | トップページ | NOAH4/13,14 グローバル・リーグ戦'10その2 »

2010/05/23

今週の雑感記 電子書籍の主語

サッカーは、仕事中でまだちゃんと見れてないので、感想は後日。

この間、夜食を食べながら、ふと思ったこと。

ネットで電子書籍関連の記事を読んでいて、出版ビジネスは出版社のものなんだなあと、ふと感じた。出版社が主語の記事がとても多く、どう変化して生き残るか、もしくはこの調子では生き残れないという話。     12:26 AM May 16th

著作者が主語の話が知りたいのに。新しく生まれる可能性とか、求められるスキルとか、その対応策とか。     12:29 AM May 16th

産業革命以来の時代の節目なのだ、いやグーテンベルク以来の大革命だ、新しい時代がやってくるのだと、時代の荒波乗り切るべく、いろいろ記事を見ているわけですが。

ビジネス関係の記事を読むから、どうしても主語が出版社になってて、著作者はどうしたらいいのかというヒントがなかなかありません。

要するに、作る人がいて読む人がいて、その間の流れ方が変わるという話だと思うのですが。

お金を生んでいたのは、その間の部分だったのだなあと。

なのでそこの話が多く語られているようです。

けれどこれは作家にとっては一つのチャンスであると思われるので。

少ない情報からでも、自分を主語に、いろいろ考えなくてはなりません。

僕の「将来の作家像」はわりとシンプルで。

農家みたいな感じ。市場にも出すし、地元の直売所にも出すという。

地元直売所に当たるのが、電子書籍で語られているセルフパブリッシングではなかろうか。

で、地元直売所では、「○○さんの作った野菜」というのが重要だったりするように、個性がもっと問われるようになるのかなーと。

実はもっとがっちり書き始めたんだけど、どんどん長くなってまとまらなくなってしまったので、以下次号(^^;;)

○ 今週の絵

いろいろ考えるのも大切だけど、そもそも作品が世に出ていないと意味ないわけで、奮闘中なのであります。ネーム描き。

しかし仕事で途中中断中。来週には。

Lingsi2

○ 星空のドライブ

NHKで松田聖子が歌ってた。でもアレンジが入っていた。原曲をすごく聞きたくなったので、部屋を捜索。どっかにCDが……。     11:27 PM May 19th

発掘した!     11:35 PM May 19th

80年代へトリップ中。     12:14 AM May 20th

というわけでかかっています、松田聖子。昔はまってて、80年代のアルバムは全て買いそろえたのです。

有名なシングルカット曲はもちろん好きですが、こちらのアルバムに入っている「星空のドライブ」がすごく好き。今ヘビーローテーション中。

|

« まんがあれこれ 運命の星交響曲Ⅱ | トップページ | NOAH4/13,14 グローバル・リーグ戦'10その2 »

日記・つぶやき2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/48388416

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 電子書籍の主語:

« まんがあれこれ 運命の星交響曲Ⅱ | トップページ | NOAH4/13,14 グローバル・リーグ戦'10その2 »