« まんがあれこれ ヤングハーメルンのバイオリン弾き | トップページ | 魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち »

2010/04/01

千葉vs草津とvs東京V回顧

2010J2第4節敵状視察は千葉vs草津、2-1。

双方プレッシングから切り替え早くを目指していて、とても忙しい感じの試合です。

前半の千葉は、走って追い越して、はいいけど、すごい狭い範囲でサッカーをやっている印象。みんな一斉にボールサイドで走っているので、ラグビーみたいです。距離が近すぎて、パスの選択肢としては死んでしまっているシーンを結構見かけました。

後半巻選手が入ると、攻め方がはっきりして、フィールドを広く使えるようになります。その中で2点とって逆転。千葉はまだ理想のサッカーへ道半ばなのだなーという印象。

対する草津。目に付いたのは廣山選手。さすが上手いです。キック精度が一つ上。いいクロス。そしてFKからアシスト。

さてさて、東京V戦をじっくり録画で見たのでそちらの感想ですよ。勝った試合は何度見てもうきうき。

前半十分過ぎ辺りからヴェルディペース。前からプレスされて後手を踏む。つなぐなら、もっと切り替え早く、先に顔出してパスコースを作ってあげないと。蹴るなら前が動いてあげないと。

ハーフタイムにネルシーニョ監督の喝が入ったそうで、後半は切り替えも早くなり、ヴェルディのペースダウンもあいまって主導権を握ります。

縦にどんどんボールを入れられていて、ペナルティエリアにも入っていくいい感じ。

これを前半からできるようになりたい。相手が元気でも切り替え、動き出しで上回って。その辺が課題でしょうか。

前半いくつか危ない場面があり、あそこで失点していたら試合展開変わっていた。菅野さんは至近距離弾セーブした上に、バーに当たったきわどいシュートも指先触れていたようです。空き巣に入られていて、大変だったろうに、きちんといいコンディションで変わらず仕事をこなすのはさすがです。

レアンドロさんはフランサさんのような華々しさはないけれど、心憎いテクニック。どんどん存在感を増していますねー。

林君は得点よりも、一点目のアシストの方が素敵。いい判断、いいタッチ。

茨田君登場時、持ち上げるアナウンサー氏に対して、解説柱谷哲二さんは見たことないんですよと。そこで一つプレーを見て「いい選手ですねー」とお褒めの言葉。我が子が褒められたような嬉しさ。実際そろそろそういう年なんだよね(^^;;)

工藤君は二試合連続ゴールならず。でも泥臭くゴールを狙うストライカーは、見ていて楽しい。がんばれー!

さあ、この調子で今週末も快勝して欲しいですね!

|

« まんがあれこれ ヤングハーメルンのバイオリン弾き | トップページ | 魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち »

レイソル2010 昇格へそして未来へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47946494

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉vs草津とvs東京V回顧:

« まんがあれこれ ヤングハーメルンのバイオリン弾き | トップページ | 魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち »