« 今週の雑感記 MISSION | トップページ | 葉桜が来た夏 4 ノクターン »

2010/04/12

葉桜が来た夏 3 白夜のオーバード

仕事はなかなかハードなスケジュール中。

札幌戦の感想は、録画放送見て明日……書く暇があるかなあ?(^^;;)

○ 葉桜が来た夏 3 白夜のオーバード (夏海公司 電撃文庫)

学校の社会科見学で、アポストリの巨大宇宙船「十字架」に行くことになった学と葉桜。クラスのみんなと行く行事に葉桜は興奮気味。しかし十字架は前の晩の事故の関係で、上陸禁止となっていた。

急遽代わりに琵琶湖上、十字架付近に浮かぶ、四・一八の史跡がある多景島へと向かう。そこで二人が出会ったのはアポストリの少女。記憶がなく、自分がどこから来たのか分からないその少女が口にした名前は「白夜」。今は亡き、葉桜の母の名……。

体力的には人間をはるかに超え、頭脳明晰、性格もまじめな優等生の葉桜。アポストリ内でも将来を嘱望されるエリート。

そんな彼女が、実は一生懸命気張ってて、過去のトラウマを押し殺そうとしていた、というお話。

強いキャラクターの弱さを書くエピソードは、物語の鍵になります。人物像に深みが出るから。

そして、今までと違う行動に、周りのキャラクターも揺さぶられるのです。学にとって、葉桜の存在は何なのか。

敵側となる重要人物も登場し、物語が進んできました。さてどうなるのか。

|

« 今週の雑感記 MISSION | トップページ | 葉桜が来た夏 4 ノクターン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47785374

この記事へのトラックバック一覧です: 葉桜が来た夏 3 白夜のオーバード:

« 今週の雑感記 MISSION | トップページ | 葉桜が来た夏 4 ノクターン »