« TMvs神奈川大学 気になる3トップ | トップページ | NOAH2/14,18 最高潮 »

2010/03/17

パラサイトムーン Ⅵ 迷宮の迷子達

前日寝る前に本読んで夜更かし。いや、明るくなるまで読んでたから、正確には……何と言うのかな?

まあとにかく、予定外に遅く寝て遅く起きて、さらに絵を描くのにも思ったよりも手間取って、今終わってるはずのネームが終わっておらずあわてているわけです(^^;;)

ちなみに読んでいたのは「輪環の魔導師」。「パラサイトムーン」既刊分を読み終えたので、渡瀬先生の別のシリーズ物を読み始めました。

○ パラサイトムーン Ⅵ 迷宮の迷子達 (渡瀬草一郎 電撃文庫)

由姫の身体を乗っ取った甲院薫は、欧州のキャラバン最大派閥、カーマインの元に逃れた。真砂たちはそれを追い、カーマインの居城に忍び込む。

カーマインの元には甲院だけではなく、壊滅させられたアメリカの異能集団、ガムナ教団の残党も身を寄せていた。司祭のシューウェンは何か、由姫のアラクナの異能で企んでいることがあるようで……。

真砂を主人公にした三巻のシリーズが決着。

神群移植実験という、過酷な運命を生き延びた子供たちが交わした約束。「誰かが危なくなったら、それを助けられる誰かが助ける」

ばらばらに引き取られ別々に育っていっても、その約束をみな忘れておらず、次々と集まってきて、力を合わせる。とても燃える展開でした。

ラストシーンもとてもよかった。最後きれいに終わって余韻のいい物語は、読み切った充実感に、それでいてまだ読んでいたいような別れが寂しいような、なんとも言えない気分になりますね。

|

« TMvs神奈川大学 気になる3トップ | トップページ | NOAH2/14,18 最高潮 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47661173

この記事へのトラックバック一覧です: パラサイトムーン Ⅵ 迷宮の迷子達:

« TMvs神奈川大学 気になる3トップ | トップページ | NOAH2/14,18 最高潮 »