« vs大分白星発進と練習試合vs順天堂大学 | トップページ | パラサイトムーン Ⅴ 水中庭園の魚 »

2010/03/11

パラサイトムーン Ⅳ 甲院夜話

仕事大忙し中です。

○ パラサイトムーン Ⅳ 甲院夜話 (渡瀬草一郎 電撃文庫)

東都まごころファイナンスはファイナンスとは名ばかり、神群の狩り出しを行う実戦部隊のダミー会社。その社長華々瀬清元が、先の神群「黄昏の墓守レブルバハト」狩り出しの際に死亡したため、経営陣を一新することになった。

乾真砂(いぬい・まさご)はそこの社員だったが、部隊の縮小によりリストラとなり、新しい仕事先を紹介される。そこには、幼い頃同じ実験室で育った異能者、碑文谷由姫(ひもんや・ゆき)がいて……。

東都まごころファイナンスは一巻から出ていて、悪役側でした。しかし今回はそこの元社員が主人公。

特殊能力を持った異能者たちは、キャラバンという組織に属しているのですが、そこは一枚岩ではなくて、派閥間でお互いいがみ合っているという設定。なので、同じ会社にいい人もいれば悪い人もいる、さらに言えば立場が違うだけで、この間は悪役側だったキャラクターが、今回は味方になったり。

そういうややこしい状態で、でもすんなり主人公を立てられるのは、ツボを押さえているから。

こうふるまうとベビーフェイスになる、こうふるまうとヒールになる。これをしっかり押さえておけば、試合に応じて立ち居地を変えられる……というのはプロレスですけれども(笑)、でも物語でもそういう部分があって。

そこがしっかりしていると、安心して読めるんですよねー。

真砂もクールな感じですいっと出てきて、すんなりベビーフェイスに。同じ実験室の子供たちの間で交わした約束、「仲間を裏切らない。誰かが危なくなったら、それを助けられる誰かが助ける」という約束を律儀に守るいいやつです。好感度大。

そうして安心して読んでいたら、最後びっくり続編でした。進みが少し遅いなと思ってたら。

急いで次を読まねばー。

|

« vs大分白星発進と練習試合vs順天堂大学 | トップページ | パラサイトムーン Ⅴ 水中庭園の魚 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47526002

この記事へのトラックバック一覧です: パラサイトムーン Ⅳ 甲院夜話:

« vs大分白星発進と練習試合vs順天堂大学 | トップページ | パラサイトムーン Ⅴ 水中庭園の魚 »