« 永井君引退&TMG大阪 | トップページ | 今週の雑感記 電子書籍は打ち切り漫画家の夢を救うか »

2010/02/12

日本vs香港 形はともかく

中国戦は仕事中で見そびれた東アジア選手権。本日は。

日本vs香港、3-0。

レベル差あるからこれは勝たないといけない試合。ほとんど攻めっぱなしで勝ちましたが。

中国が韓国に3-0で勝っているので、優勝争い的にはもうちょっと点を取っときたかったなー。

一点目。玉田選手の高い守備意識と、シュート意識、そしてキックの正確さが生んだナイスゴール。しかしそれをアナウンサー氏は「形はともかく」と言いました。

「後は崩して流れの中で点がほしい」とも。自ら仕掛けてきれいに崩したゴールの方が価値が高い、という価値観が見えます。でも1点は1点。それ以上でも以下でもない。

マスコミだけじゃなくて日本全体にそういう意識があって、それがボールを回しすぎる傾向につながっているような気がします。今日も、雨でピッチが滑るんだから、もっとミドルシュートがあってもいいのになあと。

後半平山選手が入って攻めが加速。

平山選手のコンディションがいいのもありますが、はっきり大きな人が入って、狙いがシンプルになったのも大きいかと。

案外これが解決策になるかもしれません。岡田ジャパン発足時より大型FWの候補は増えてると思うし。

とりあえず平山選手がこのまま定着できるかに注目です。今日はもう一踏ん張りできると点取れそうでしたけど、惜しかったですね。

|

« 永井君引退&TMG大阪 | トップページ | 今週の雑感記 電子書籍は打ち切り漫画家の夢を救うか »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47541639

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vs香港 形はともかく:

« 永井君引退&TMG大阪 | トップページ | 今週の雑感記 電子書籍は打ち切り漫画家の夢を救うか »