« 日本vs韓国 更迭論まで | トップページ | 殺害予告 »

2010/02/17

まんがあれこれ Dr.スランプ

今回はとある女の子(小学一年生)の読んでる漫画の話。

○ Dr.スランプ (鳥山明 集英社)

仕事先の家のその女の子が、小学生になって字を覚えたら熱心に漫画を読むようになり、「ドラゴンボールおもしろい」と言っていたので、じゃあこれも楽しいだろうと、クリスマスにDr.スランプをプレゼント。

そしたらすごいはまってた。

「ねえねえ、ここおもしろいんだよ。読んであげる」と、ひざの上にちょこんと座って朗読。そのさまが可愛く、微笑ましい。でも、その回は今日三回目です(笑)。

さて、子供の頃に買っていて、実家を探せばどっかにあるはずのDr.スランプ。かなり久々に読んで思ったこと。

絵がすごいいい。

ドラゴンボールは序盤は冒険物だったけれど、中盤からはバトル物。それに応じて絵も鋭くとんがった感じになっていったのですが。

Dr.スランプの頃は丸っこく、かわいい絵。そして、鳥山先生の好きな物が画面に散りばめられていて、隅々までみっちり詰まっている。こういう絵、すごく好きだ。

なるほど、当時は自覚がなかったけど、それで買い揃えたんだなーと確認したのでした。

○ 賢い犬リリエンタール 1 (葦原大介 集英社)

ネット書店で注文して、日程的に仕事場で受け取った方がいいだろうとそっちに送り。

女の子が興味を示したので渡したら、熱心に読んでた。

ストーブの前で固まって、一心不乱に。ああいう時の子供の集中力ってすごいですね。

この漫画、難しい言葉に脚注がついていたりして、小さい子供読者を意識した作り。ジャンプは長期連載が多く、そうするとどうしても小さい子が入りづらくなってしまうため、戦略的な狙いがあるのかも。

もしそうだとすれば、本懐をとげていました。おもしろかったそうです。リリエンタールかわいいもんね(^^)

今週の自転車乗ってるリリエンタールも、かわいくてよかったです。

|

« 日本vs韓国 更迭論まで | トップページ | 殺害予告 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47524804

この記事へのトラックバック一覧です: まんがあれこれ Dr.スランプ:

« 日本vs韓国 更迭論まで | トップページ | 殺害予告 »