« TMvs札幌 ライバルに勝つ | トップページ | TMvs大宮 ささやかにリベンジ »

2010/02/09

1/16,17,24NOAH 全勝優勝

仕事が詰まってくると、プロレス見るのも追われちゃう……。

ということで前シリーズの感想を今頃(^^;;)

1/16横浜赤レンガ倉庫大会一日目。

この二連戦の中継のアナウンサーが若林健二さんです。往年の全日中継で鳴らしたアナウンサー。

僕みたいなオッサンファンにはたまりませんね。ついタッグタイトルを「世界タ……GHCタッグ」と言ってしまうのはご愛嬌。

若林さんの実況は、試合を追っかけて入りこんでるからいいなあ。

さて、グローバル・タッグリーグ戦です。セミで斉藤&潮崎vs佐野&高山。佐野さん強い。キックの切れが抜群。

ベテラン勢は試合運びも巧みで、潮崎君ロンリーバトル。最後は佐野さん、ひざ立ちの潮崎君へハイキック。完勝。このチーム、ほんとに強い。

潮崎君がこの試合で腕を壊したみたいです。ニードロップの時? 怪我人がどんどん増えていくNOAH、大ピンチ。

メインイベントは力皇&ヨネvs真壁&本間。お客さんがすごいヒートしています。ヒールとしてはしてやったりであろうと思われ。

ヒールに散々いたぶられての逆転フィニッシュは、ヨネさんの筋肉バスター。ためがたっぷりあるこの技は、勧善懲悪のフィニッシュとしてはなんとも見栄えが良いですね。痛快。

ディスオベイはいまいち弾けきれない印象ですが、問題は、ヒールっぽい立ち位置をとったことではないでしょうか。受けっぷりがいいベビーフェイスなのに。

1/17横浜赤レンガ倉庫大会二日目。

グローバル・タッグリーグ戦。セミで佐々木&森嶋vsヒーロー&カスタニョーリ。

ヒーロー選手のエルボーはすごい音がします。痛そー。カスタニョーリ選手は細身なのにすんごいパワー。いいチームです。

カスタニョーリ選手がいいところまで追い込みましたが、森嶋君にリコラボムを潰され、圧殺されてしまいます。すごいダメージだった模様で、ぴたりと動きが止まり、怒涛のラッシュの前に撃沈。

でもまた見たい。レギュラーで来てほしいなー。

メインイベントは、杉浦&谷口vsスミス&ウォーカー。谷口君が捕まってあっという間にぼろぼろに。外国人タッグのパワーはすごいです。

しかし谷口君粘って粘って大逆転勝利。すごい。がんばった。

フィニッシュに行こうとして形が崩れたとき、とっさに雪崩式のジャーマンに切り替え。成長の跡を感じました。

1/24後楽園ホール大会。

第4試合、秋山vs丸藤。

昔だったら丸藤さんのチャレンジマッチだけれど、もう完全に対等。むしろ秋山さんのコンディションが最近いまいちなので、秋山さんが試練。

ここですんなり負けちゃうと、NOAHはほんとになし崩し的に世代交代してしまう。そんな危機感あふれる試合は裏のかきあい意地の張り合いに。

最後は秋山さん渾身のフロントネックロック。スタンディングのまま絞め落とした気迫がすごかった。

やっぱりまだまだ一戦退いてほしくないです。がんばれー!!

第5試合、森嶋&青木vs真壁&本間。試合はヒール組のペースで荒れ放題、最後はレフェリー放り出して、反則裁定。

しかしその後が山場。志賀さんが飛び込んできて、乱闘。最後は杉浦さんまで。わー、次が試合なのに。

杉浦vs真壁のGHCヘビー級選手権が決定していますが、これも大荒れのすごい試合になりそう。どうなるのかなー。

メインイベントはグローバル・タッグリーグ戦決勝、杉浦&谷口vs佐野&高山。結果は佐野&高山組の全勝優勝。

佐野さん強い。とにかく最後のたたみかけの強さが半端ない。この日もひざ立ちの谷口君にハイキック、顔面ソバット。佐野最強説だったけど、「説」取れた。

高山さんが先輩立ててるから連携も取れてるし、隙がないです。GHCタッグどうなるかなー。今の勢いだと挑戦者有利?

次のシリーズも楽しみです。

|

« TMvs札幌 ライバルに勝つ | トップページ | TMvs大宮 ささやかにリベンジ »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47383035

この記事へのトラックバック一覧です: 1/16,17,24NOAH 全勝優勝:

« TMvs札幌 ライバルに勝つ | トップページ | TMvs大宮 ささやかにリベンジ »