« 陰陽ノ京 巻の五 | トップページ | TMvs国士舘大 幸先いい »

2010/01/29

サポカン

さてさてサポカン議事録を読みました。そこでいろいろ感想やら予想やら。

まずはサポカン前日に発表された、長谷川君の完全移籍と、亮君のレンタル延長。

ハセの移籍は仕方ないかなー。ハセはレンタル武者修行をくりかえし、JFL、J2、J1とステップアップ。ここで帰ってきてくれて今季FW陣の軸となるという、完璧な武者修行成功を夢見ていたんですけど。

ウチが降格しちゃったからなあ。せっかくJ1のチームでスタメンとって経験をつんだわけで。降格しなければ戻ってきてくれたかも。(^^;;)

でも、キタジのように一度別れてもまた帰ってきてくれることもあり。清水に移籍した時は、まさか降格年に帰ってきて、柏の魂になるなんて思ってなかった。サッカー人生はどこでどうなるか分からないわけで。

縁が本物だったら、またいつか出会えるんだと思います。がんばってもっと大きくなれー。

亮君はまだレンタル延長なので、経験つんでがばっと化けたら、すぐ帰ってきてくれるんだと期待しています。がんばれー。

さてサポカン。

降格したけれど、特に荒れることもなかったみたいで良かった。

何しろ杉山君が清水に帰った以外、よそにぶっこ抜かれることがなかったわけで。実際にオファーはあったようです。それを引き止められたんだから、これは大成功といえるでしょう。残ってくれてありがとう!

毎年当たってないんですけれど(笑)、メンバー予想してみましょう。ドン。

   フランサ   澤
    (北嶋)   (?)

 大津        レアンドロ
 (菅沼)        (?)

    大谷   アルセウ
    (栗澤)   (?)

橋本  近藤   朴   小林
(酒井) (渡辺) (古賀) (村上)

       菅野
       (?)

ネルシーニョ監督続投なので、去年終盤のスタメンに、アルセウさんとレアンドロさんは働いてくれないと困りますという布陣。

さて、最近思ったのですが。

僕はレンタル移籍を武者修行ととらえ、大いにやれと奨励していたんですけれども。

ハセの完全移籍もあり、レンタル武者修行意外と帰ってこないなーと。ミノル君ぐらい?

試合経験をつまないと伸びる才能も伸びないから大賛成派だったけど、ちょっと考え改めることにしました。

それよりも。

近年出てきた選手は、開幕前からちょっとバックアップの層が薄いんじゃないかと思っていたポジションから出てきてるんですよね。

大津君は、フランサさんとキタジが怪我でFW手薄な時に無理して使って、そこでは当たり負けしてさっぱりだったけれど、その経験がフィジカル強化のモチベーションとなり、花開いた。

村上君、橋本君は、開幕前予想で?をつけていたポジションから。

ということで、スタメンに無理してねじ込むまでは行かなくても、何かの時には思い切って使うつもりでちょっと手薄な方がいいんじゃないかと。つい、万が一の時にも頼れる選手がいた方が安心と思っちゃうけど、そこで若手を信じる勇気も必要なのだと。

そう思うことにしました。

その点今年は例年よりちょっと少ない31名。スタメンは、これでアルセウさんが完全復調していてレアンドロさんが期待通りフィットしたら、明らかに去年より強くね? という強力布陣ですが、サブには?が結構多いのです。

まずGK。

菅野さんは磐石として、第二GK。吉原さんは経験豊富ですが、ここでキリに来てほしい。背番号1が、若いからっていつまでもベンチ外ではいかんですよ。がんばれ!

DF。

ここは?がないんだけど、酒井君に注目。今年はちょっとDFが手薄。CBもSBもできる酒井君にがんばってほしい。藏川さんが一応左SBもできるし大谷君やパンゾー君を回す手もあるけど、出番勝ちとれー。

ボランチ。

大谷、アルセウ、栗澤の争いはかなりハイレベルだと思います。そこに割って入れるか、仙石、茨田の二人。

攻撃的MF。

ここもミノル君を含めてハイレベルな戦い。ボランチ同様、そこに武富、山崎、比嘉の若手が食い込めるかどうか。

FW。

フランサ、澤、キタジは例年怪我などで脱落することがあり、第4FWの人は交代出場も含めて、結構出番あると思われます。

田中君は去年出番を多く得て、でもヴェルディからやってきた林君は昨季6得点。工藤君、リンちゃんを含めて、誰が出てくるか。

今年はあちこちで若手にチャンスが来るはずだから、そこでぐぐっと伸びてほしいなーと思います。楽しみだなー。

さてサポカンで一番気になった話題は、レイソルがどういう長期的視野に立ってチーム作りをしていくか、です。

監督変わるたびにころころ変わってリセットされると、良くないと思うんですよねー。去年はポゼッションに取り組むことに気が行き過ぎて、よい部分もなくなりそうになってしまったわけで。

フロント的には長期的な事を公言するよりまず今年、という感じだったので、僕の希望を訴えておきます。

レイソルのいいイメージというのは、ナビスコ杯取った時とか、一昨年の天皇杯の進撃とか。

タフに守れるチームだった時にいい思い出があるので、そこはまず大切にして、伝統としてほしいです。

その点ネルシーニョさんもまずは守備からの人なので、取り戻せてよかった。

そして、守ってるだけでは勝てないので、そこからどうするか。特に相手が引いた時。ここが今度は問題で。

それを何とかしようとして、去年ばたばたしたんですけど、カウンターからいきなり180度方向転換してのポゼッションはやっぱり危ないと思うのです。

カウンターは常にちらつかせつつ、相手がスペース消してきた時の二次攻撃。今年はそういうシーンが必然的に多くなると思うので、ネルシーニョさんの手腕に期待。

ここを克服すると、レイソルの形というものも見えてくると思うんですよねー。がんばれ!!

|

« 陰陽ノ京 巻の五 | トップページ | TMvs国士舘大 幸先いい »

レイソル2010 昇格へそして未来へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47400283

この記事へのトラックバック一覧です: サポカン:

« 陰陽ノ京 巻の五 | トップページ | TMvs国士舘大 幸先いい »