« まんがあれこれ あかとき星レジデンス | トップページ | 陰陽ノ京 巻の五 »

2010/01/27

陰陽ノ京 巻の四

ネームの合間にケッタ君の一コマ漫画を描いているんだけど、HDD不調のパソコン君を立ち上げるのが怖い……。

というわけで今日はとりあえず読書感想文。

○ 陰陽ノ京 巻の四 (渡瀬草一郎 電撃文庫)

陰陽寮の道士、賀茂光榮(かも・みつよし)は、ある夜、池に沈んだ少女の死体を見つける。老いた父の世話をしなければとこの世に未練を残すその少女、蓮(れん)のために、光榮はその池に咲くハスの命を借りて彼女を式とする。

しかし蓮の語った未練は全てではなかった。生まれた頃から世話してくれた、やはり陰陽寮の道士、清良(きよら)に対する、幼いながらも真剣な恋心……。

最初のページで出てきた時からもう死んじゃっている、蓮がかわいそうで、もう……。

いつもにまして、術を使ったりのアクションがない展開ですが、渡瀬先生は心情を積み重ねていくのが得意なので、もうどうなっちゃうんだろうかとハラハラします。

何しろ悪い人が一人もいません。死んでしまった霊は、成仏できないといつしか正常な意識をなくして人に害をなす。蓮が成仏できないなら払わなくちゃいけない。でも、蓮の未練もよく分かるので、何とかしてあげたい。

どちらに転んでも悲劇です。そしてだんだん選択の余地がなくなっていきます。で……。

見事な構成。そして情緒感たっぷり。泣けた。面白かった。

さらに最後にちょっといいオチがあって、大満足。

時継の家、伯家の謎が少し解けたけれど、これがつながっていくのでしょうか。

|

« まんがあれこれ あかとき星レジデンス | トップページ | 陰陽ノ京 巻の五 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/47236718

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽ノ京 巻の四:

« まんがあれこれ あかとき星レジデンス | トップページ | 陰陽ノ京 巻の五 »