« ティースプーン強盗 | トップページ | 去る人達を送り出そう »

2009/12/04

今週の雑感記 ツイッター課金

シーズン終盤のつらい恒例行事。

契約満了選手のお知らせがやってまいりました。

悲しいですね……。

感想はいろいろぐるぐるしちゃってるから、考えまとめて明日。

本日の記事はニュースからこちら。

○ ツイッター課金

つぶやきを有料コンテンツに――Twitterに課金システム、来年1月から

日本でTwitterを運営するDGモバイルが、Twitter向けに課金プラットフォームを用意していることを明らかにした。2010年1月からの提供を予定している。

11月25日、mobidec2009で講演を行ったDGモバイル取締役COOの杉建一氏が、Twitterのビジネスモデルに言及。2010年1月にも、Twitter向けに課金プラットフォームを提供する予定であることを明らかにした。

サービスとしては「有料つぶやきサービス」と「コンテンツ課金」を提供する予定。有料つぶやきサービスは、ユーザーが既存のアカウントを月額課金方式にできるようにするもので、課金方式は100円~1000円の月額課金と100円~1000円の個別課金から選べる。

コンテンツ課金は、Twitterを通じて情報やコンテンツを販売するための仕組みを提供するもの。月額課金に対応し、手数料は30%を予定している。決済についてはキャリア課金やクレジット、コンビニ決済などを使えるようにする予定だ。

杉氏は課金システムを用意することになった背景について「コンテンツプロバイダは、(無料でコンテンツを入手できる)インターネットが普及するとじり貧になってくる。ブログで出した情報に、ダイレクトに課金できないかというニーズは非常に高い」と説明。それに応える形で課金システムを用意したという。

なお、有料化に適したコンテンツについては、(1)タレントやアーティストのリアルタイムな情報を配信するサービス(2)ニュースや教育コンテンツ(3)写真・動画・画像・音声 などを挙げ、幅広い分野で利用できるとしている。

ITmediaプロモバ09/11/25

「ブログで出した情報に、ダイレクトに課金できないかというニーズは非常に高い」

そうそう。それがあれば、何か始めようとするとき、ラクチン。

ツイッターがプラットフォームになって、ハードル下がるのかな。

漫画の場合、作るのは作家一人いれば何とかなるわけで、あとはとにかくコンテンツ流通のコスト。そこがすんごい下がればいいのに、と思っているので、こういうニュースには期待しますねー。

僕は最近ここで、スモールビジネスな漫画についてよく語ってますけれど。

この出版不況で出版社がどんどん潰れていって、漫画全部がそうなると考えているわけではないのです。

ただ、どうしても絞り込みはあるよなあと感じていて。

そこからもれる漫画が救われるといいなあと思ってるんですよね。早く来い、そういう時代。

|

« ティースプーン強盗 | トップページ | 去る人達を送り出そう »

日記・つぶやき2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/46883113

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 ツイッター課金:

« ティースプーン強盗 | トップページ | 去る人達を送り出そう »