« 落ちたら | トップページ | TMvs水戸 未来は大きく »

2009/12/01

まんがあれこれ のだめカンタービレ 23

久々のまんがあれこれ。漫画は読んでたんだけど、記事にまとめるひまなくて。

そして今日もイラスト仕事の途中なので、一つだけ。リアル9巻とどっちを書こうか悩んだ結果、こちらから。

○ のだめカンタービレ 23 (二ノ宮知子 講談社)

最終巻。

終わり方が難しいなと思ってたのです。何かを達成して終わり、にするには天才過ぎる。実際初コンサートで大喝采浴びちゃったし。

恋愛物としても特に障害はないから、盛り上がらないし。

そこで、のだめが音楽家としてやっていけるのだろうかという問題。子供の時にスパルタ教室でトラウマを作ってしまったのだめ。すごい才能があっても、夢は幼稚園の先生。

千秋を追っかけてヨーロッパまで来ちゃったけど、音楽と向き合う覚悟はできてない。

それを1巻かけてきっちり描いた。音楽が好きだという気持ち。音楽を突き詰めていくと、素晴らしい瞬間と出会えるのだという事。

プロになるってそういうことですよね。まず好きだというのがあって。それを追っかけていくと、数々の困難があるんだけど、そこを越えた先に得がたい瞬間があるからがんばって。ずっとそれを繰り返していく。そういう覚悟を決める。

こうしてみるとこの作品は、これからたぶんどんどん駆け上がっていく、ある天才音楽家が誕生するまでの物語だったわけで。

描くべきことを描き切った、いい終わり方でした。

さて気になる他の人たちの行く末は、外伝で描かれるんでしょうか? 楽しみ。

|

« 落ちたら | トップページ | TMvs水戸 未来は大きく »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/46900851

この記事へのトラックバック一覧です: まんがあれこれ のだめカンタービレ 23:

« 落ちたら | トップページ | TMvs水戸 未来は大きく »