« vs清水 まず一つ!!!! | トップページ | ハチで中断 »

2009/11/10

まんがあれこれ ふたつのスピカ 16

先週余裕があったのは、ナベ先生が次号休載だからです。

さあ、今週は忙しいですよ。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 第33楽章 夏の祭典 (渡辺道明 ヤングガンガン)

仕事場で。

「……グスタフ、バカだなあ」手元に原稿回ってきて、思わず口をついた誉め言葉。

ちなみにナベ先生も、自分でチェックしてて「バカだなあ」とつぶやいてました。

やはり続いていました、グスタフ&ブラーチェの妄想。特にグスタフの妄想はどこまで行くのでしょう。背は伸びてるし顔は違うし、もう帽子しかシェルの痕跡が残っていません(笑)。

そんな妄想を引き起こしたのが、同級生の「女生徒たちは水着に着替えるのかな」という一言。そのコマに、どこかで見た人がいます。

「ラッキーナイト・カスタードくん」連載時は、僕も「ケッタ・ゴール!」を連載していたので、カスタードくんやチョコ・パ姫、シフォンちゃんの仕上げをするのは初めてです。新鮮。

「カスタードくん」にも勇者様御一行が登場しており、「デザート王国は、きっと南半球にあるんだよ」と当時言っていたのを思い出しました。留学ですかね。恋の三角関係はどうなったんでしょうね。

ラスト、編隊で輸送機が。前作では飛行船が飛んでいましたが、二十年で進歩した模様です。鳥の頭が生えているファンタジーな飛行機ですが、でも飛行機。描いてて懐かしい。

なんか今回は、ところどころ懐古調気分で仕事していたのでした。

先週末、打ち合わせ後にナベ先生がウチに寄って、今後の話。

次号休みですが、その後に……。

○ 築地魚河岸三代目 28 (作・九和かずと 画・はしもとみつお 小学館)

こういう青年誌の職業物は、安定感が魅力。手堅く、きっちり読みやすい。いつも通りに面白い。

こういう方面、もっと開拓してみようかな。

内容と関係ないんだけれど、もし市場が豊洲移転になったら、この漫画は「豊洲魚河岸三代目」になるのだろうかと、ふと気になったのでした。字面は「築地」の方がいいなあ。

○ ふたつのスピカ 16 (柳沼行 メディアファクトリー)

最終巻。

アスミは宇宙へ飛び立ち、みんなそれぞれ己の道を進む。

人気に寿命が左右される連載で、過不足なく描き切った物語を楽しめるチャンスは、あまりなく。

そんな中、最後まで丁寧に、キャラクターの気持ちを大切に描き切って。

そしてその先の未来まで感じさせてくれる、素敵な余韻を残し。

買い揃えてて良かったと思わせてくれる、素晴らしい漫画でした。

|

« vs清水 まず一つ!!!! | トップページ | ハチで中断 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/46595166

この記事へのトラックバック一覧です: まんがあれこれ ふたつのスピカ 16:

« vs清水 まず一つ!!!! | トップページ | ハチで中断 »