« 日本vsスコットランド 期待あり | トップページ | まんがあれこれ 君の手がささやいている »

2009/10/12

天皇杯vsジェフR も一つ千葉ダービー

いやー、どうなることかと……。

天皇杯vsジェフリザーブズ、0-0、PK4-2。何とか勝った……。

天皇杯初戦の相手はジェフリザーブズ。JFLに所属する千葉の育成チームです。いい試みですよね、これ。

例えば上ですぐには出番のない若手とか、ユースから直では上がれなかったけどもうちょっと鍛えたら面白そうな子とかを所属させ、試合経験積ませるチームがあってもいいと思うんですよね。で、ベテランをいきなり引退じゃなくて、まだ動けるなら選手兼コーチとして送り込み、手本を見せてもらうんですよ。ウチでもやんないかな。

さて、育成チームという事で、ユニフォームは同じ。気分は千葉ダービー。負けるわけにはまいりません。

この辺は仕事に余裕があるはずだと取ったチケット。しかし、見通しが甘いのはいつもの事。仕方ないので早起きして、遅れた分のノルマをこなしてから出発。

実は柏の葉観戦は初めてなのです。TXも初めて乗りました。車中でジェフサポに遭遇。ジャイアントキリングなんて起こさせないぜ、と心中で握り拳。

運動不足だし駅からは歩くかと思ったら、けっこう遠い。20分じゃつかないよ? キックオフに遅れて着席。

見づらいと評判の柏の葉だけど、メインスタンドからはそうでもなく。ただ、バックスタンド側には走り幅跳びのレーンがあるし、さらにゴール裏はかなり遠そう。まあ、日立台に慣れちゃうと、専用球場じゃないと物足りないのは仕方ない。トラックがあると、どこかまったり感が出てしまうのはなぜでしょう。

いつものメンバーで来るのではという予想だったけど、先発に山崎君の顔が。良かった。大津君はちょっと疲れているかもと思ってたので、ここで休ませてほしかったのです。これで二週休み確定。元気になって戻って来て下さい。

さて、ベテランルーキーと名高い山ちゃんですが、ベテラン(?)の名に恥じないプレー。落ち着いてました。

ネルシーニョ監督のコメントにもありましたが、攻撃的MFがワイドに開いて4トップ気味になっちゃった時、誰か中のスペース使ってほしいなーと思っていると、ひょっと顔を出す。戦術理解の高さがうかがえます。

FC東京戦の先発あるかも。向こうのレギュラーにはルーキーの米本選手がいます。ウチだってどんどん活躍してほしいのです。

同じくルーキーで後半から登場の工藤君も良かったですね。果敢に裏を狙って前線を活性化。

さて、試合は、戦前からちょっと危惧していたのですが、なかなか点の取れない展開となりました。

ウチはべったり引かれた相手から点を取るのが本当に苦手です。そしてジェフリザーブズはJFLとはいえ、平均失点0.79の堅守。

その相手が二枚のブロック作ってガチ引き。途中から2トップ一枚削ってアンカーまで置いてたらしく。最後はFWいなかったぐらいの徹底ぶり。

それに対してウチの問題として、べったり4トップになっちゃって出しづらかったり、逆にせっかくバイタルに顔を出したのに使えなかったりで、もっとズバッとくさびが入ったらいいのになーというのはちょこっとありましたが。

しかし、きれいに崩したシーンも多々あり、シュート自体は32本も打ってたそうですよ。ホントに最後のところ、何でもう入っちゃわないのかと。

最後の精度が課題です。でもこれは一朝一夕にはね。コツコツがんばるしか。

という事で、ずっと押し込んでいたのですが、双方得点なくPKへ。

いきなり栗澤さんが足元滑ってふかした時には真っ青でしたが、これはGKが動いていて、やり直しでセーフ。

気を取り直して、まあ、いくらなんでもキック精度の差で勝つだろうと思って見ていると。相手が2本外してその通り。

しかしウチもミノル君が外しており、けっこう薄氷の差だったのでした(^^;;)

帰ってきて結果を見てみると、けっこう喰われてるチームがあります。JFLのさらに下、北信越リーグの松本山雅は、浦和相手にジャイアントキリング。

天皇杯初戦はやっぱり怖いです。喰われなくて良かったー。

|

« 日本vsスコットランド 期待あり | トップページ | まんがあれこれ 君の手がささやいている »

レイソル2009 二度目の降格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/46458450

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯vsジェフR も一つ千葉ダービー:

« 日本vsスコットランド 期待あり | トップページ | まんがあれこれ 君の手がささやいている »