« 練習試合vs東洋大学 戻ってきた! | トップページ | 今週の雑感記 原発解体 »

2009/10/15

日本vsトーゴ 快勝に隠れた課題

融合は順調。

日本vsトーゴ、5-0!

新メンバーとの融合をうたった10月の3連戦は成功と言えるでしょう。

先発の森本&岡崎の2トップは凄く良かった。裏を狙う意識の高さ、旺盛なシュート意欲。1トップだといろいろ一人でできないといけないから、2トップの方が日本向きかも。

速いクロスをDFラインとGKの間へ送り、ニアで合わせる作戦が大成功。これは日本向きだと思うので、徹底してほしいです。後半にはGKがニア狙いを分かってきたところで、大きくファーへ。本田選手のヘディングシュートはポストを叩いたけど、いい感じ。

一つ気になったのは、前半。ポンポンポンと3点取って楽勝ムードになった途端、なんとなく緩んだこと。

アナウンサー氏はばんすか点取ってお祭にしろという口調だったけど、僕が思ったのはそうではなく、ここでゲームを殺してもいいのに、ということ。相手が出てくるならどんどんカウンター取ればいいし、来ないならそのまま寝かしつけてもいい。

なのになんかふわーっとした雰囲気が漂い、軽いプレーが出始めた。相手のコンディションが悪かったので大事には至らなかったけど、なんかのはずみで点取られると、一気に試合の行方が分からなくなるのはよくある事。

日本の勝負弱さはこういうところからきていると思うので、もっと勝負に対してシビアな姿勢がほしかったです。

快勝だったけど、そこだけはちょっと気になったのでした。

|

« 練習試合vs東洋大学 戻ってきた! | トップページ | 今週の雑感記 原発解体 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/46487207

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsトーゴ 快勝に隠れた課題:

« 練習試合vs東洋大学 戻ってきた! | トップページ | 今週の雑感記 原発解体 »