« 帰宅と飲み会 | トップページ | 今週の雑感記 クースー! »

2009/03/13

vs川崎回顧vs千葉展望

開幕の川崎戦はとてもよかった。

「とてもよかった」と書くと、えっ、とても? と思う人がいるでしょうが、理由があって。

今年何が一番心配だったかというと、戦術の方向転換をすることだったのです。

J2から上がってきて生き残るチームというのは、大体はまず堅守速攻から入ります。選手層に差があって、一対一では不利だから、組織的に守って、がんばってカウンター。

しっかりとした組織を作れば、これでもけっこう行ける。真ん中ぐらいまでは十分行ける。

でも、そう来ると知れ渡れば、当然スペース消されるわけで。その辺で勝ち星伸び悩む。

もっと上を目指そうとなると、次のステップとして、そういう引いた相手も崩せないとダメだという事になる。今年のウチですね。

でもこの戦術の方向転換というのが、けっこう怖くて。

がらっと変えようとしてそれまでの良さも失い降格争い、というケースをけっこう見かけます。

理想を唱えるのはちょっと詳しい人なら誰でも出来るけど、実際にそれを成功させるには、その理想と現状の差をきっちり認識して、そこに至る道筋をしっかり描き出し、必要なディテールを植えつけていく作業が大切で。

で、監督交代の時に心配になったのです。理想はいいけど、大丈夫なんだろうかと。いいところまで失ったらどうしようと。

その点は竹本GM、高橋監督とも継続性を重視する発言をしていましたし、キャンプ、練習試合と、大丈夫そうだなと思ってたのですが。

やっぱりちゃんとこの目で見て、安心したいわけで。それを開幕戦で確認できたのが、とてもよかったの理由です。

ウチの良さ、切り替え速く組織的に粘り強く守ることはできていた。そこからの速攻もいい形があった。

高橋監督のコメントも、地に足ついていてそこからコツコツ行こうという感じで好感触。

これなら大丈夫。ここを土台としてその上に、速攻と遅攻の使い分けとか、遅攻や二次攻撃の時の巧みな崩しとかが乗っかって、素敵なアクションサッカーが花開くのだと思います。

今季リーグ最終戦はホームで川崎が相手。今年一年積み重ねていって、主導権握って勝てるようになっていたいですね!

さて、今節は千葉戦!

ちばぎん杯で当たったばかりで、すぐにやって来た千葉ダービー。ただ、ちばぎん杯で勝ってるからって油断は禁物。

今年千葉はコンセプトに若干の変更を加え、もっと高い位置からプレスに行く作戦。ちばぎん杯時は変更途中。向こうもあそこからトレーニングを積んでいるわけで。手ごわくなってるはずと思ってかからなければなりません。

まず守備では。

高い位置からのプレッシングは、ウチの方が先輩。貫禄見せないと。どんどん行こう。

前節では途中で交代でしたが、深井選手がかなり切れていた。裏への飛び出し、ドリブルに注意。

攻撃では。

高い位置からプレスに来るなら、当然裏が空く。そこを狙うのは有効。

しかも前節、ミノルゴール祈願の効果がバッチリだったので、ちばぎん杯の再現で、杉山君からスルーパスが出てミノルゴール炸裂を希望。

さあホーム開幕戦!!

しかも僕も観戦予定です!!

絶対勝って―――!!!!

|

« 帰宅と飲み会 | トップページ | 今週の雑感記 クースー! »

レイソル2009 二度目の降格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/44321327

この記事へのトラックバック一覧です: vs川崎回顧vs千葉展望:

« 帰宅と飲み会 | トップページ | 今週の雑感記 クースー! »