« ナビスコ杯vs千葉 | トップページ | 宿題 »

2009/03/31

砂の覇王

疲れていたのか爆睡して、さらに雑事に時間がかかり、何にもしてないのに終わってしまう感じな本日。あわててノルマをこなそうとしている最中(+_+)

ほんとはサラッとノルマをこなし、半日ぐらい読書dayにするつもりだったのに。読もうとしてたのはこれの続き。

 ○ 流血女神伝 砂の覇王 1 2 (須賀しのぶ コバルト文庫)

身代わりとなっていた皇子アルゼウスの死で、口封じのために命を狙われることになったカリエは、エディアルドと共にルトヴィア帝国を出た。

しかし逃避行の道中、エディアルドが体調を崩した。辺りの村は貧しく、夜盗も多いため、二人を泊めてくれる家がなかなか見つからない。ようやく一軒、受け入れてくれる家が見つかったのだが、それには後ろ暗い訳があり……。

ということで続き読みました。「帝国の娘」前後編の続編。

どこへ転がっていくのか分からない展開。面白い。先が読めずに意外な事が起きるのは、面白さの大きな要素ですね。

ただ、先読みできないだけだと、ふっと読む方の集中が途切れたりしがちです。テンポが下がってたたみかけが弱くなった時に、醒めてしまう。

その点この作品は、キャラクターがしっかり立っていて行く末が気になるのと、背後に出生の秘密やなんかの設定が見え隠れしていて、この子は先々なんかするなという期待感があるので、引っ張られるのです。

最初のページを読んでいた時には、まさか最後こんな事になってるとは思わなかったカリエ。次の巻はどうなる?

続いて2巻。

奴隷としてエティカヤに連れてこられたカリエ。エディアルドを逆恨みする娘サジェと共に、王子への献上品として、後宮に上がることになった。

後宮でのし上がってエディアルドに復讐する、と言ってはばからないサジェの企みを阻止するためには、カリエも負けじと妃妾になるしかない。しかしカリエは第二貴妃ジィキに「禍を運ぶ者」として投獄されてしまい……。

ほんとにどうなるのか分かんない。次読まないと。

僕は下ごしらえをがんばりすぎて、引きの弱い話を作ってしまい、それではねられることがよくあるんだけど。

こういう物語を読むと、なるほどと勉強にもなるのです。

|

« ナビスコ杯vs千葉 | トップページ | 宿題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

どうもいちレイサポです。
なのに食いついた記事がこれでした笑

これすごい好きな作品なのです。
ただ巻数が多過ぎて、揃っている書店がないのが残念ですね。
知名度もあまりない気がして、いっそのこと帝国の娘だけでも
アニメ化とかしたら良いのになあと考えてしまいます。

今日は大宮戦ですね。
今期初参戦なので夜桜も併せて楽しみです。

投稿: にょろ | 2009/04/04 08:05

にょろさん大宮戦参戦お疲れ様でしたー。
負けなくてよかったですね! 2点目取られた時はPC落としちゃおうかと憤慨してたのが一転、飛び上がって大喜びでした(笑)。
 
流血女神伝、面白いですね。
砂の覇王3巻を読み終わって、4巻に行くところです。ほんと、この話はどこへ転がっていくのだろうと、ワクワクしてます。

投稿: かわせ | 2009/04/04 22:06

現地では終了の笛が鳴った瞬間
「やったー!」って皆言ってました笑
いや、引き分けだからやってないんだけど。。。苦笑
そう言ってしまう気持ちは分かるようなhappy02

流血女神伝は最終巻までそんな感じなので
是非読破して下さいませ。

投稿: あおい | 2009/04/04 22:28

名前間違えてしまいました。あおいasにょろです。

投稿: にょろ | 2009/04/04 22:29

録画見ました。
いやー、あれはやったー!となりますね。試合の流れは敗色濃厚でしたもんね。
ほとんど勝ちみたいな引き分けの次は、ほんとの勝ちがほしいですねえ。

投稿: かわせ | 2009/04/06 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/44017061

この記事へのトラックバック一覧です: 砂の覇王:

« ナビスコ杯vs千葉 | トップページ | 宿題 »