« 2009J1展望 その2 | トップページ | 人間ダンベル »

2009/03/04

2009J1展望 その3

展望記事も最終日。本日は昨年の上位チーム。

昨年6位、FC東京。

いくつか補強はしましたが、スタメンからがらりと変わるこということはなさそう。ただ、このチームはここ何年か、DFラインの選手層が薄くて苦労していたので、そこを手当てしたのはいい補強だと思います。

ムービングフットボールを掲げていますが、肝はカボレ選手だと思うのです。勝利した天皇杯、パンゾー君の奮闘を思い出します。今年も頼むよー!

昨年5位、清水。

FW矢島、CB高木とレギュラー格が移籍したので、おや? と思っていたけど、ヨンセン、永井と取ってきて、戦力ダウンはなしか。むしろ攻撃力は上がったような。

気がつけば特に中盤がすごい層が厚くなっていて、すごいなあと。強そう。

岡崎選手にやられたイメージが強く残っているので、今年は抑えてください!

昨年4位、大分。

昨年の予想で、主力選手を抜かれて苦しそうだけど、シャムスカマジックが……と書いたら、ホントに起きた。それも予想以上にすごいのが。

今年は去年からの戦力を引き継いでいて、さらに去年をケガで棒に振った家長選手が一年遅れの補強として活躍しそうな事を考えると、やっぱり強そう。

がっちり引いてリーグ最少失点だったこのチームをポゼッションで崩せるところまで行けば、今年のウチは大成功。がんばれ!

昨年3位、名古屋。

サイドアタックを武器とする名古屋に、マリノスから田中隼麿選手が来たのは、きっと大きい。

ダヴィ選手は、札幌でのカウンターでどどーっと突っ走っているイメージが強いので、ヨンセン選手に比べてどうなるか。チームに合うのか。でも、個で決められる選手なので要注意には違いない。

去年わりとメンバー固定して戦っていた印象があるのですが、今年はACLがあり過密日程になるので、その辺ポイントになりそうな気が。

昨年2位、川崎。

川崎はコツコツ型補強のチーム。じっくり選手を育ててる。それでいて目利きがしっかりしていて、補強は的確、外国人選手も外さない。さらにクラブの雰囲気がよくてサポーターとの関係も良好。そしてお茶目なところもあり。なんか理想のクラブですね。

そのせいか、去年一番手厳しい負け方した相手だと思うんだけど、悪いイメージないんですよねー。

しかし、当然勝ちたいのです。今年は最初と最後の相手。特に重要。

3バックのイメージ強かったけど、昨年途中から4バック。並ぶメンバーを眺めてみると、下手に受けに回ったら、蹂躙されそうなタレントぞろい。この攻撃力をいかにそぐかがポイントか。

昨年1位、鹿島。

史上初三連覇を目指す鹿島。例年通りのコツコツ型。そしていつも通りきっと強い。ゼロックス杯も勝ってたし。

一つだけあるとしたら、小笠原選手がケガ、中後選手が移籍のボランチ。本山選手を下げるみたいだけど、はたしてどうか。

去年の因縁をスポーンと勝って晴らしたいですね!

さあいよいよ開幕ですよ、2009年Jリーグ。どうなるかなー。

|

« 2009J1展望 その2 | トップページ | 人間ダンベル »

レイソル2009 二度目の降格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/44191926

この記事へのトラックバック一覧です: 2009J1展望 その3:

« 2009J1展望 その2 | トップページ | 人間ダンベル »