« 今週の雑感記 未来はどちらへ | トップページ | Nano-matic更新 »

2009/01/26

2009年レイソル妄想

サポカン議事録を読んだので、そろそろ恒例の今年のレイソル妄想を。

竹本GMのかなり踏み込んだトークに河西社長が驚いていたみたいですが。

情報公開は大切だなあと思うのです。今年は急な監督交代もあったし、移籍市場であんまり動いてないし、ほんとはサポーターに不満や不安があっておかしくない年。

でもそこで、サポカンでちゃんと説明してくれるだろうという安心感があるのは、とても大きい。僕もいくつか不安があったのですが、議事録の竹本GMの発言読んでたら、まあ、やる前から100%確実なんてないからな、と前向きになれました。

確かに踏み込みすぎて、大丈夫だと思って話したところにクレームついたりするかもしれないけれど、それを恐れて絶対安全、ノーリスクな歯に何かが詰まったような話では、サポーターに不満が残ります。

あそこまで説明してくれれば、まず納得。これからもいい伝統として、この雰囲気を大切にしてほしいと思います。

ちなみに移籍交渉の経緯まで踏み込んだ話の中で明かされていた、長谷川君完全移籍の可能性があったという話。

ぎょぎょっとしましたよ!! それだけはやめてー!! 山形の人には悪いけど、買い取るお金がなくて助かった……。

ハセはびっくりするぐらいポストプレーが安定してきていて、天皇杯で川崎のDF相手にもけっこうやれてたし、期待大。いつかハセ&チュンソンの2トップで、40点ぐらい荒稼ぎしてくれるようになるのが僕の希望なのです。

ハセ、がんばれー!! レイソル戦以外で(笑)。

さて、今年も恒例、当たらない予想に行きたいと思います。ほんと当たらないっすね。去年の予想、アレックスさん左SBに入ってたし(笑)。

今年の予想は、こんな感じ。

      フランサ
      (ポポ)
       李
菅沼           ?
(?)          (太田)

  アルセウ   大谷
   (山根)   (杉山)

石川  小林  古賀  村上
(?)  (近藤) (鎌田) (蔵川)

       菅野
       (南)

ポジション別に、まずGK。

代表に菅野さんが呼ばれ、南さんも負けじと控えている。磐石。一番心配のないポジションです。

DF。

左SBに石川君。大谷君がケガで開幕間に合わないと思うんだけど、そこで頑張ってポジション取るぐらい活躍してほしいなと。左利きの左SBだと、大外回りこんでダイレクトのいいクロスが来る。

最近の石川君は、そういう意識が高まっているように見受けられ、期待しているのです。

そうすると左SBのサブは誰だろうということになりますが。

去年右SBでそういう予想をしていたら、そこに村上君がドーンと出てきた。今年も誰か活躍するといいなあ。

ボランチ。

まずアルセウさんの復帰は大きいと思います。

昨年は攻撃面で改善が見られ、フランサ、チュンソン、キタジと、FWに怪我人多かった割には得点は増えた。ところがボランチにも怪我人が出たら、こちらの方は何とかならずに失点増えてしまった。

ここにアルセウさん復帰で、一昨年なみの堅守となれば、かなり行けるはず。

石川君の成長で、戻った大谷君がこっちに来るぐらいだといいなあという希望で書いています。ただ、大谷君が一番手に書いてありますが、他の人もレベルが高く、激戦と思われます。

杉山君が最初からフルで働けたら、きっとすごいことに。がんばれー!!

一つ飛ばして先にFW。

縦並び2トップ、という感覚で、チュンソン君をこちらに。たぶんフランサ、チュンソン、ポポでそこにキタジが絡む形で回すと思うんですよね。フランサさんがフルで働いたらすごいけど、それはなかなか難しそうだし。

となると、ポポさんは2列目より最前線というのは去年判明しているので、場合によっては横並びの2トップもあるのかなと。

でもフランサさんの天皇杯での活躍を思い出すと、あれが一シーズンずっと続いたらと夢見ますよねえ。ならないかなあ。

攻撃的MF。

ここにいきなり?がありますが。

もし2列目に菅沼、李、太田と並ぶと、それは一昨年と同じ。この時フランサさんを抑えられると攻め手がなくなるという反省から、昨年の補強があったわけで、千葉に行ってしまったアレックスさんの代わりを誰かがしてくれないと困る。

で、ここに栗澤さんを一列上げるのかなと思ったのですが、?にしたのはもう一つ。

ペルーの至宝と呼ばれた澤さんはどうなのかと。

去年途中で獲得したけど、ケガで全然出場せず。

もう無理をせず今年に照準合わせていたようだし。

ここで噂どおりに活躍してくれると、これが隠れた補強の目玉に。

去年後半の活躍により、ミノル君一番手ですが、プレーを覚えられた感じで後半失速していた太田さんが、そこを突き抜けて前半のような活躍をすれば、タメを作る人を左に置く可能性もあり。

さらに。ミノル君は得点力が魅力ですが、ジワジワ切れも増してきていることだし、仕掛けてバンバン抜けるようになってくれると、ミノル君のとこでアクセントを作るというケースもあり。それもいいな。そうなったら代表だな。

ここが一番の激戦区で、そして今年のレイソルの浮沈を握っていると思います。

さて、全体眺めて。一応移籍もいくつか噂があって、でも結局アルセウさんが戻ってきただけなんですが。

隣の芝は青く見えるというか、補強ってけっこうあそこもここもと動き過ぎちゃう傾向があるけど、そこそこの補強をたくさんするより、要所を一つビシーッと押さえて、あとは熟成させる方がよいような気がします。

というわけで、こうして並べてみると、けっこういい感じなのではないかと。

あとはここにおまけで、ルーキーいきなり活躍みたいなサプライズがあると万々歳。

さあどうなるのでしょう。楽しみですね。

|

« 今週の雑感記 未来はどちらへ | トップページ | Nano-matic更新 »

レイソル2009 二度目の降格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/43831728

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年レイソル妄想:

« 今週の雑感記 未来はどちらへ | トップページ | Nano-matic更新 »