« 紙の船 | トップページ | プーチンの犬 »

2008/11/11

山形vs徳島

J2第42節、山形vs徳島は3-1。ハセ、今季12点目。

ちょうど放送してたので、どれどれと見てみたのです。が。

後半途中で落ちてた。やはり、疲れているみたいです。レイソル勝利の喜びは、やる気を後押しはするけど、疲れがなくなるわけではなく(笑)。今日は起きてから、なんかずっとボーッとしてたもんね。

でも肝心のハセの得点は、いきなりの前半2分のことだったので、ばっちり見ましたよ。

右サイドできれいなスルーパスが通り、SBが裏へ抜け出す。クロスを上げようとしたところコースをふさがれたので切り返し、マイナスのパス。ハセがそいつを左のアウトで、DFより先に触る。強いシュートじゃなかったけれど、上手いコースにコロコロと転がってゴール。

どこでもいいからダイレクトで、という判断がよかったですね。

この他にも、ゴール前に飛び込んだ惜しいのとか、いきなりロングシュート狙ったりとか、とにかくシュート意識が高くなったのが、今年の成長。怖いFWになりました。

2点目の豊田選手の得点も、GKが取りそうなボールを諦めずきっちりと追い、ファンブルしたところを強奪、ゴールにカバーに入ったDFの上を冷静に抜くといういい得点。ゴール前、ここで引っ掛けられれば即シュートという場面では全部追っていて、こちらも怖いFWだなと。

二人とも、でかくて速くて上手い上、ゴールを狙う貪欲さがある。強いて言うなら柔の長谷川、剛の豊田。いいコンビです。いつか代表で見れるかも。

山形は次節昇格決定の可能性があるそうです。がんばれー!

|

« 紙の船 | トップページ | プーチンの犬 »

レイソル2008 夢の終わり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/43075871

この記事へのトラックバック一覧です: 山形vs徳島:

« 紙の船 | トップページ | プーチンの犬 »