« vs磐田展望 | トップページ | vs磐田 惜しかった »

2008/11/23

今週の雑感記 もうちょっと

ナベ先生の仕事は終わったけれど、風邪ひきました。

急に寒くなったからかな。ウチと向こうで気温差あるし。

とりあえず、帰ってきた日は栄養とって温かくしてひたすら寝て。

起きたらだいぶ治まってたんで、ぼちぼち仕事。もうちょっと。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク (渡辺道明 ヤングガンガン)

休み明け、第16話です。グレートvsリュート、兄弟対決勃発。

エピソードの山場に入っているんですが、どうも休みがち。これは雑誌にローテーション休みがあるからなのですが。

読んでる方からしたら、作者の都合で休みなのか、雑誌の都合で休みなのか分からない。さぼってると思われたらやだなあ、とナベ先生申しておりました。

休みを有効に使おうという話をしていて、漫画の話だったのに結論は、離れにも風呂場を作ろうと。漫画家なのに、大工仕事(笑)。

○ 七姫物語 第二章 世界のかたち
  七姫物語 第三章 姫影交差
 (高野和 電撃文庫)

三宮と四宮との戦いを制した七宮カセン。四宮ツヅミは琥珀姫を廃位し、カセンの影響下に置かれた。当然それは他の宮都市にとり好ましい事態ではなく、それぞれが己の思惑を抱え、蠢いていた。

カセンでは冬の祭りが催されていた。カラは姫のお傍付き見習いと身分を偽り、人目を忍んで、その祭りを楽しんでいた。その夜、街で騒ぎが起きて……。

カラが素直でかわいくていいなあ、と思ったのですよ。

1巻の感想でも書きましたが、ファンタジーとかSFとかでは、大きな世界を舞台にした物語がよく作られます。架空歴史のようなもの。この手の作品は上手くいくと、スケール感があり、わくわくさせるお話になりますが。

一方よくある失敗として、作者が自分の作った世界に酔っちゃって、読みづらくなる場合があります。

作り手は「オレすごいこと考えた!」と浮かれてるんだけど、読み手は基本、他人の妄想なんてどうでもいいのです。どうでもいい設定をずーっと読まされるのは辛いのです。作り手には怖い話ですね……。自分もSF描いたりするしね……。

ここをどう乗りこえるかが、成否の鍵。その点この物語では、カラスミ姫が活躍。

東和制覇というでっかい夢を追うテンとトエ。その二人に担ぎ出されたカラ。カラは素直でかわいい、好感度高いキャラクターで、かつ、観察者の役割を果たしています。

戦争や謀略といった策謀渦巻く世界の中に、ぽつんと純粋なカラがいる。特に力んだ様子もなく流れに身を任せ周りを眺め、でも諦めて無気力なわけではなく、自分の役割と世界について考える。カラの視点で物語は進み、身の回りに起きる出来事が丁寧に書かれます。

こうしてカラを窓口にして、読者はこの物語の世界の中に、気付けば足を踏み入れているという感じ。キャラクターの妙ですね。

ということで続いて3巻。

ツヅミ国境付近での七宮カセンと三宮ナツメのにらみ合いは続き、それを口実として各都市は影響力拡大を目論む。

緊張が高まる中、カラはツヅミ訪問のため出立する。同時期三宮ナツメの常盤姫も前線の慰問のためにツヅミへ。その動きに応じて、各都市の宮姫も次々と集結して……。

この巻でクローズアップされる、武家出身のナツメの常盤姫もなかなかいいキャラ。凛として、一本芯が通ってます。

|

« vs磐田展望 | トップページ | vs磐田 惜しかった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/43112378

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 もうちょっと:

« vs磐田展望 | トップページ | vs磐田 惜しかった »