« 外来ペット | トップページ | 10/25NOAH武道館 タフネス »

2008/10/30

パワードスーツ量産

ロボットスーツの販売開始=筑波大開発、まずは福祉向け

筑波大発のベンチャー企業「サイバーダイン」(茨城県つくば市)と大和ハウス工業は7日、人体に装着して歩行や立ち座りなどの動作を補助するロボットスーツ「HAL」を、介護福祉施設向けにリース販売を始めると発表した。販売目標は年間500台で、大和ハウスが販売を担当する。

HALは筑波大大学院の山海嘉之教授が開発。人が体を動かす際、脳から筋肉に伝わる電気信号を皮膚の表面でキャッチし、コンピューターが動きを予測してモーターを駆動させ、着用者の動作を助ける。

今回、リース販売を始めるのは、まひなどで下半身が不自由な人の歩行を補助する自立支援型。両脚と片脚のタイプがあり、リース料は月額15万-22万円(5年契約、保守料込み)。いずれも介護福祉施設向けで、個人向けの販売は行わない。

時事通信08/10/7

とうとう販売開始。いつかおじいちゃんになったとき、お世話になるのでしょうか。

Powered_suit3

この絵だと分かりづらいので、HALの詳細はこちら。光っててかっこいい(笑)。

|

« 外来ペット | トップページ | 10/25NOAH武道館 タフネス »

にゅーすdeまんが2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/42717093

この記事へのトラックバック一覧です: パワードスーツ量産:

« 外来ペット | トップページ | 10/25NOAH武道館 タフネス »