« 打ち合わせ | トップページ | 王さん »

2008/10/08

ノーベル賞!

小林、益川、南部氏に物理学賞=ノーベル賞日本人6年ぶり

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を南部陽一郎米シカゴ大名誉教授(87)=米国籍=、小林誠高エネルギー加速器研究機構名誉教授(64)と益川敏英京都産業大教授(68)に授与すると発表した。

南部氏は素粒子物理学の「CP対称性の破れ」の理論を提唱。小林、益川両氏は物質の最小単位である素粒子のクオークが6種類あることを予言し、宇宙誕生の謎を解く「小林・益川理論」を発表した。素粒子物理学の発展に大きく貢献した。

日本人のノーベル賞受賞は、02年に小柴昌俊東大名誉教授(82)が物理学賞、田中耕一島津製作所質量分析研究所長(49)が化学賞を受賞して以来6年ぶり。素粒子理論では故湯川秀樹博士以来、半世紀ぶりの受賞となった。

時事通信08/10/7

TVのニュースで見てたら、キャスターの人が、「これはなんの役に立つ研究なんですか?」と聞いた。科学のニュースではよくある質問。

で、基礎研究はすぐ何に使えるってわけじゃないから、解説の人の答えは歯切れ悪かったんだけど。

素粒子物理の流れで言うと、ずっとさかのぼって、一番最初に原子の研究していた時だって、なんの役に立つかなんて分からなかった。

でも、原子とは何か、どう振舞うのかを研究していくうちに、そこからいろいろ派生して、いろんな技術が生まれてきた。

それこそ今、僕の目の前のパソコン君だって、電子の振舞いを制御して動いているのですよ。

科学にロマンを感じない人は、宇宙誕生の謎を解くといわれても、何だそりゃ? という感じかもしれないけど、でもそういう研究から、いつかいろんなものが生まれるのです。それが科学の歴史。基礎研究は大事。

僕はもう宇宙誕生の謎の時点でワクワクしているわけですが。ノーベル賞受賞、ばんざい!

Elementary_particle

|

« 打ち合わせ | トップページ | 王さん »

にゅーすdeまんが2008」カテゴリの記事

コメント

おぉ~!!
この3人、取る取ると言われましたが、本当に取ったんですね、ノーベル賞!!
南部陽一郎先生は、取材で講義を聴きに行ったことが1回だけあります(内容は全然わかりませんでしたが・・・)

投稿: るるこ | 2008/10/08 02:14

今年も「イグ」ノーベル賞は日本人が取ったんだけど、ノーベル賞とは格段に圧外が違うね・・(当たり前?(笑))

投稿: ogu | 2008/10/08 09:10

しまった。誤字発見。
「圧外」→「扱い」

投稿: ogu | 2008/10/08 16:26

物理学賞で喜んでいたら、ノーベル化学賞を下村脩・米ボストン大名誉教授が受賞! 受賞理由は「緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見と発光機構の解明」。一挙四人だ! すごい!
 
>るるこさん
喜んではしゃいでるけど、僕もなんとなく概要しか分かってないです(^-^;
 
>oguさん
イグノーベル賞を取った粘菌の研究、TVで見た! 素直に不思議だなーと思ったよ。

投稿: かわせ | 2008/10/08 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/42717346

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞!:

« 打ち合わせ | トップページ | 王さん »