« 練習試合vs明治大学&チュンソン君の負傷 | トップページ | 集中豪雨 »

2008/08/31

今週の雑感記 エスコート・エンジェル配信中

月曜日にハーメルの単行本が出たら、それ関連でここにいらした方がたくさん。

いらっしゃいませー。

ハーメルファンの人は熱心でありがたいと、ナベ先生談。やる気出ると喜んでました。

そして今週は僕もビッグイベント。

↓じゃじゃーん!

○ プリンセス・プラスティック エスコート・エンジェル (米田淳一 ダイナミックアーク)

Escort_angel2

配信開始しております。

これが表紙カラー。苦戦しました……。あとは中にイラスト4枚。

目の前の僕のパソコン君は、実はこの作品のコミカライズの企画が上がっている時に、カラーを描くために導入されたのでした。パソコン君は本懐を遂げたのです。

しかしあの時パソコンでカラー塗っても、ごまかせなかっただろうな……。今でも課題は山ほどあるのに。

きっとここで仕事する運命だったのでしょう。他にもそう思わせる出来事がありました。

「ケッタ・ゴール!」の時も思ったけれど、ちゃんと進歩の跡が見える仕事をしたいなと思います。がんばります。

○ 我が家のお稲荷さま。 (柴村仁 電撃文庫)

高上昇と透の兄弟は、今は亡き母の実家、三槌家へと向かっていた。実は三槌家は代々水気を祀ってきた由緒ある家柄。その血を濃く継ぐ弟の透が、物の怪に狙われ命が危ないというのだ。

透を守るための手段は一つ。三槌家の守り神、大霊狐の空幻を頼る事。しかしこの空幻、根は善だが気まぐれでいたずら好きな化け狐。そのため祠に封印されていたほどで……。

キャラクターが魅力的。そして、日常の中の非日常を、コメディータッチで上手く書いているのが、まずよかった。

漫画でも小説でも、エンターテインメント作品には、みんなが手掛けている定番ネタが存在して。妖怪とか物の怪なんかはまさにそう。

そうすると作る方も見慣れちゃっているので、作品の中で特に断りもなく、これはあり、ということになってたりするんですが。

実はそこの所が工夫の余地があって、面白かったりします。

現実には存在しないおかしなものを、ちゃんと非日常のおかしなものとして扱ってやることによって、キャラクターのリアクションも引っ張り出せるし、いろいろなハプニングも起きる。

そういうアイディアがとても豊かで、まずそれが面白くて。

そしてきちんとリアクションを取って、非日常を非日常として扱ってやると、その分、作品にリアリティが。

それは真面目な話をする時に好影響。説得力が生まれるのです。

この話にも軸になる真面目な話があるのですが、主人公の兄弟二人が、ちゃんと「普通の人」だったので、ネタにとどまらないちゃんとした気持ちを感じられて。

とても読後感がよかったのでした。楽しく読ませてハラハラさせて、最後はじんわりさせる、とてもよいエンターテインメント。

続けて二巻も読みました。

今度は隣町の土地神といさかいになって、というお話。

一度しっかりキャラクターが立っているので、応用編も安心して楽しめます。

この巻の本筋とあまり関係ないのですが、コウの天然ボケぶりが特に楽しくて好きです。特に、極端にお酒に弱く、酔っ払って身体に宿っていた蛟が出てってしまい、それを「待ってぇえー」と追いかけているところ(笑)。

○ 君のための物語 (水鏡希人 電撃文庫)

小説家を夢見て、しかし日々の暮らしの中その夢も埋没していた「私」は、ある日奇妙で不思議な雰囲気を持つ「彼」レーイと出会う。

「私」の未完の小説の完結を望むレーイは、普通の人間ではなく、人の願いをかなえる力を持ち、見た目どおりの年齢でもないようで……。

つかみ所のない性格のレーイと、それに振り回される主人公の取り合わせが、面白い。いくつかのエピソードに分かれていて、そのエピソードが進むにつれ、レーイの正体がだんだん分かってくる形式のお話。

最初の、画家になりたかった女性のエピソードが、切なく哀しく、特によかったです。

最初は仕事の参考になるように、片っ端から読もうと始めたライトノベル修行でしたが。

だんだん仕事とお楽しみの比率が逆転。

扱う題材は漫画と同ジャンルだったりするんだけど、しっかりオチがつくのが小説のいいところですね。いいオチと出会えるのが楽しみ。

|

« 練習試合vs明治大学&チュンソン君の負傷 | トップページ | 集中豪雨 »

日記・つぶやき2008」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/42134639

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 エスコート・エンジェル配信中:

» La Vie en Rose〜フランス女優たち [La Vie en Rose〜フランス女優たち]
ヌーヴェルヴァーグから、最近まで・・・可愛く美しくコケティッシュなフランスの女優さん達。アンナ・カリーナ・・・ロマーヌ、ブリジット、ジュリエット・ビノシュ・・・ [続きを読む]

受信: 2008/09/02 17:26

« 練習試合vs明治大学&チュンソン君の負傷 | トップページ | 集中豪雨 »