« あの日のボツのこと 3 | トップページ | クローバー »

2008/07/03

6/29NOAH後楽園ホール 前哨戦あれこれ

Summer Naving.'08開幕の6/29後楽園ホール大会。前哨戦がいろいろと。

まずは第5試合、バイソン&斉藤&井上vs小橋&本田&菊地。

試合は雅央さんの受けっぷりが目立っていましたが(笑)。

試合後斉藤さんがアピール。7/8大阪でバイソン&斉藤vs小橋&本田があるんだって。実は小橋さんの欠場前に流れたカード。

タイトルマッチにすればいいのに、とワクワク。そろそろいいんじゃない?

第6試合はGHCヘビーの前哨戦。森嶋&伊藤vs秋山&力皇。

森嶋vs力皇は、日本最高峰ど迫力対決。日本人同士で、これだけの体格、これだけの圧力はなかなかないです。

もう単純に楽しみ。ワクワク。

メインの第7試合はジュニア対決。金丸&リチャーズ&青木&平柳vsKENTA&石森&鈴木&マルビン。8人タッグで3本勝負という珍しい形式。

まず、これは今年も開催されるJrタッグの前哨戦で、まずそれでワクワク。

そして最後の3本目に波乱。前シリーズタイトルマッチ敗戦以降ギクシャクしていた鼓太郎&マルビン、仲間割れ。

金丸&鈴木の新チーム結成となりました。即タイトルマッチ決定。7/13博多です。ワクワク。

そして。個人的にはある意味一番気になるのが。

メインに登場していた平柳君です。

身体も小さいし、特に運動能力が高いふうでもないし、同期の中でも出遅れていた平柳君。

たぶん自分でも素材的不利の自覚があるのでしょう、悪童キャラに活路を見出そうとしていましたが。

普段から接している怖い先輩に、リングの上の事とはいえ、悪事を働くのは、なかなか度胸のいることで、いまいち貫けていなかった。

しかし最近、身体つきががっちりしてきて、やる気を感じさせていて。

かつ、悪事が板についてきた(笑)。

立派な悪童キャラになりました。この試合もメタメタにやられながらも、KENTAの急所に強烈な一撃。そうそう、狙うならKENTAじゃよ。最近見ていて楽しいのです。

そんな平柳君にチャンス。白GHC挑戦決定。

しかもルールが変則で、川畑&志賀vs平柳&Xという発表。自分がピンフォールを取れなくても、試合に勝ちさえすればタイトル移動。X次第で可能性大。

ところで第4試合三沢&小川vs田上&川畑で、誤爆がらみで負けた田上&川畑組が仲間割れしており。

来るかな、と期待していたら、田上さんがXとして登場決定。

これでホントに分からなくなりました。強い方が勝つとは限らないのが、楽しみなところ。さあ、いったいどうなるのでしょう。ワクワク。

そんな期待感満載の大会でした。

|

« あの日のボツのこと 3 | トップページ | クローバー »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/41714126

この記事へのトラックバック一覧です: 6/29NOAH後楽園ホール 前哨戦あれこれ:

« あの日のボツのこと 3 | トップページ | クローバー »